男性のための女性ホルモン ロイヤルハニー

« 3634 性奴隷MIYUKIさん 上級奴隷と下級奴隷の違いは一番は自由度と働くお店 | ニューハーフ,獣姦〜トップへ戻る | 性転換した俺が男にハメられまくって妊娠した話 »

3635 秘密クラブの元調教師 Gさん 自業自得の顛末 その2(前編)

3625 秘密クラブの元調教師 Gさん 自業自得の顛末(後編)

の続き。

皆さん、お待ちかね、Gさんからいただきました。


2020/06/04 自業自得の顛末

間久津様

公私共にお疲れ様の所にて今回も至らぬ投稿を描きたいと思います。



組織にいる知人は時間を確認なされてから、私と一緒に店を出ました。

しばらくするとロータリーにワゴン車が到着。

ワゴン車の車内より男性が現れて知人と立話をしています。

知人は友好組織の方には、

「異端時代の先輩で、変態親子の現状を知りたい方がいる」

と伝えたそうで、組織の方からも

「その方の九州で悪行三昧をよく知っているので、その方なら大丈夫」

と、見学が許可されたとか。


ワゴン車に乗車すると、用心のため何度か周回。

時間をかけて、目的地へ行きました。

私も現役時代には警戒のためにまっすぐ目的に行かずに周回をしたので、それを懐かしく思い出しました。

ワゴン車がガレージに入庫後、とある場所の室内に招かれました。

客間へ行きますと組織の男性が奥に向かって声を掛けました。


すると奥から、その自業自得の親子が連れてこられました。


2人とも、苦哀な表情を浮かべています。

口唇からは溜息を吐きて現れたる姿は、2人とも素っ裸。

2人の乳首と陰茎と陰核には、鈴付のチェーンぶらげられ、異様なる擬態、肢体でした。

自業自得の親子は、驚愕なる眼で見つめていました。

苦渋なる表情と疫病神を見るような眼。

2人は俯きながら震え声にて


「どうぞ、不束なる被虐性人形ですが精一杯奉仕を誓います」


と、口上を述べました。

それを聞きて、万感の思い出が脳内を走馬灯の様に浮かんで参りました。

(後編に続く)


.....

......

さて、借金がかさんで性奴隷に堕とされた父娘の運命。

まだご存命だったようです。

続きは、次週をお楽しみに。

この記事を「面白い!」と思われた方は、ポチっとお願いします。
↓ ↓ ↓ ↓ 人気ブログランキング ↓ ↓ ↓ ↓
あなたは18歳以上ですか?
はい / いいえ

男性のための女性ホルモン
サイトマップ : カテゴリー別

ど変態なお話

このサイトのメインです。
強制性転換・獣姦・秘密クラブ・人身売買
 そんなお話です

ど変態AVレビュー

マニアックなAVレビュー
スキモノ必見!!

アダルトサイト攻略

海外アダルトサイトのレビュー。
お金を使ってレビューします。

相互リンク

大歓迎です。
随時募集しております。

↓ ↓ ↓ ↓ ↓ ↓ ↓ 姉妹サイトです↓ ↓ ↓ ↓ ↓ ↓ ↓

↓ ↓ ↓ ↓ ↓ ↓ ↓ スポンサーサイトです1↓ ↓ ↓ ↓ ↓ ↓ ↓
DMM.com DVD通販、レンタルなどの総合サイト