男性のための女性ホルモン ロイヤルハニー

« 3570 通りすがりのアナルマニアさん グレートデンとの獣姦を体験いたしました | ニューハーフ,獣姦〜トップへ戻る | 朝起きたら女の子になってた »

3571 性奴隷MIYUKIさん ミャンマーに売られた女の子は、ダルマ女にされていました

3569 性奴隷MIYUKIさん ミャンマーに売り飛ばされた女の子たちを見学してきました


の続き。

MIYUKIさんのミャンマーツアーは、まだ続いています。

さて、ミャンマーに売り飛ばされた日本人の女の子たちの運命は?


2019/07/04

(前編からの続き)


最後の一人ですが、この子は私が奴隷になり始めの時に、別のご主人様に調教されており、数度面識があった子です。

その子はその時でまだまだ、性的な行為に意識が向くような年齢ではない子でした。

ロリコンさん向けにその体を触ったり、舐めたり、舐めさせたりという使い方でしたが、やはりセックスが出来ないということで、売ることになった子なんです。

その子も、お金持ちに買われて、ご主人様が言われるには

「一番いい生活をしている」

とのことだったんです。


田舎に車で向かうと宮殿のような白いお館が見えてきました。

ここだと言われ、エントランスから入っていき、館の主人であり、少女の所有者である男性と会いました。

笑顔でご主人様と何か話しながら、歩いて行った先の部屋は、少女にとっては夢のような部屋でした。

両開きの大きな木の扉を開けば、白い壁紙、天蓋つきベッド。調度品も豪奢なものばかりでした。

ただ、少女が見当たらず辺りを見回すと、椅子の上にいたんです。

座っているのではなく、いました。

白いウエディングドレスのような、美しいドレスを身にまとっていたんですが、当時からすらりと伸びた脚が、見当たらなかったんです。

少女は私を見つけると嬉しそうに日本語で話しかけており、声は元気一杯でした。

ただ、ご主人様とお館様がスカートをめくると、足がなく、両肩も根本近くで亡くなっておりました。

ご主人様より、この方の趣味で、性奴隷は両手両足を切り落とすとのことでした。

お二人がスカートをめくり上げると、少女とは思えない使い込まれた陰部が出てきました。

黒ずみ肉厚の陰部に、おもむろにお館様が手を入れると、そのままフィストが入って行きました。

少女は本当に甘美な喜びの声をあげました。

すぐにぐちゅぐちゅと濡れ始めて、腰をビクつかせていました。

ご主人様が腰を掴み体を動かさせると、アナルもぽっかりと開きっぱなしでした。

相当に苛烈な責めを受け続けたのだろうと思いました。

この後、私も抱かれることになるのですが、それはまた次に。

(後編に続く)

.....

......

なんと、最後の娘は、ダルマ女にされていました。

日本では、都市伝説として語られていますが、今でも実際にあるようです。

お金持ちの愛玩動物なようですが、東南アジアではこういった趣味はまだまだあるようですね。

ミャンマーといえば、発展途上な国ですので、貧富の差はかなり激しい。

人の命も、貧乏人ならかなり安いのでしょう。

お金持ちならこういったことも許されてしまうのでしょうか。

MIYUKIさんのご投稿はまだ続きます。

次週をお楽しみに。

この記事を「面白い!」と思われた方は、ポチっとお願いします。
↓ ↓ ↓ ↓ 人気ブログランキング ↓ ↓ ↓ ↓
あなたは18歳以上ですか?
はい / いいえ

男性のための女性ホルモン
サイトマップ : カテゴリー別

ど変態なお話

このサイトのメインです。
強制性転換・獣姦・秘密クラブ・人身売買
 そんなお話です

ど変態AVレビュー

マニアックなAVレビュー
スキモノ必見!!

アダルトサイト攻略

海外アダルトサイトのレビュー。
お金を使ってレビューします。

相互リンク

大歓迎です。
随時募集しております。

↓ ↓ ↓ ↓ ↓ ↓ ↓ 姉妹サイトです↓ ↓ ↓ ↓ ↓ ↓ ↓

↓ ↓ ↓ ↓ ↓ ↓ ↓ スポンサーサイトです1↓ ↓ ↓ ↓ ↓ ↓ ↓
DMM.com DVD通販、レンタルなどの総合サイト