男性のための女性ホルモン 性病治療

« 2557 超高級 刺青シーメール娼婦 F美さん 淫乱な性格ではありませんがお乳を愛撫されますと腰がへなへなと揺れてしまいましてしなれかかってしまいま | ニューハーフ,獣姦〜トップへ戻る | 2559 超高級 刺青シーメール娼婦 F美さん 私が何故 、あにいから離れられなくなってしまっているのかと申し上げますと恥ずかしいお話しですがあにい »

2558 超高級 刺青シーメール娼婦 F美さん あれほど痛かったアナルまんこが今ではジェルを少し塗るだけで私の軆の中にペニスがスルリと入り込ん来ます

F美さんが読めないといけないのでレスは上に書いています。
↓ ↓ ↓ ↓ ↓ ↓ ↓ ↓ ↓ ↓ ↓ ↓ ↓ ↓ 

A感覚に目覚めさせられると、もう、いいなりになるしかありませんね。

↓ ↓ ↓ ↓ ↓ 以下、本文です ↓ ↓ ↓ ↓ ↓ 

2013年5月29日 あれほど痛かったアナルまんこが今ではジェルを少し塗るだけで私の軆の中にペニスがスルリと入り込ん来ます

間久津先生

梅雨入りをしたとテレビで放送しておりました。

私がT先生によりまして女にされましたのも今頃の梅雨時でした。

ある程度のことは知っておりましたが私自身女装はしておりましたがセックスの対象はあくまで女性でした。

それにホモではありませんでしたので正直な話男同士のセックスなんてと軽蔑の思いでした。

しかし、今ではアナルまんこにペニスを差し込まれまして喘ぎ声をあげながら歓喜しております。

私は交際欄でT先生と知り合いますまでこの人と言うようなパートナーはおりませんでした。

女装倶楽部エリザベスに行きますと色々な人が言い寄って来ましたが私自身上手くかわしておりました。

私自身投稿欄に投稿しました時に数十通の手紙を貰いました時は驚きました。

私自身美人ではありませんがそれなり品のあります容姿と思っておりました。

エリザベスに行きまして仲の良い数人に相談しますと、



会社の社長とかお医者さんが良いんじゃない



、と言われましたことを覚えております。


友達の言いますことにはお医者さんはお金持ちでスケベな人が多くいらしゃると言っておりました。

それに軆の隅々まで良く知っているので便利と意味深なことを言っておりました。

T先生もさすがにお医者さんですので紳士な感じで一番最初にお会いしましたのはホテルのレストランだったと思います。

数回ホテルで会っておりましたがT先生が外で会うのも悪くはないけどいっそ診療所に来たらと言われまして先生の診療所のお部屋で着替えまして女装を楽しみました。

最初の頃は着せ替え人形の様な感じでおりましたがお互いに子供ではありませんので私がT先生の勃起しておりますペニスを喰わえ込みまして尺八をさせて頂きました。

しかし人間は更にその先を望んでしまいます。


『いゃあぁ〜だぁめぇ〜おねがぁいぃ、もう少しまぁつてぇ。』


私は気持ちが整理出来ておりませんでしたので少し抵抗いたしましたが結局、T先生のペースに引き込まれてしまいましてアナルにペニスを差し込まれてしまいました。

四つん這いにされましてアナルにジェルを人差し指で塗り込まれます。


『F美、力を抜いて、息を吐いて。
大丈夫だよ。力を抜いて、もう少しお尻を上げて、そうそう…、少し痛いけどその痛みが消えたら気持ち良くなって離れられなくなってしまうよ。』



私は息を吐きまして痛みを必死にこらえました。

肛門が裂けてしまいまして血が流れ出てしまいました。

シーツに真っ赤な鮮血が付いております。

私は痛いのと血が流れ出てしまいましてT先生が早く終わって欲しいと思いました。

T先生は意外に早く往かれまして私の肛門に軟膏を綿棒で塗られました。

あの時のことは今でも鮮明に覚えております。

あれから約9年位の歳月が経過いたしております。

私自身あにいと夫婦同然の様な生活になりまして早くも丸7年、この秋が参りますと8年もの歳月が経過してしまいます。

アナルセックスも回数を重ねますと肛門も拡張されまして血が流れ出る回数が減りました。

しかし人間はなんでも環境に慣れる動物です。

ハワイに連れて行って頂きました頃にはホルモン注射も射たれておりましたので軆も女性化が進行してしまいまして、軆を四つん這いにされましてアナルまんこにペニスを差し込まれまして乳首を愛撫されますと背を反らせましてT先生のピストンに合わせまして腰を振ってしまいます。

私自身アナルまんこの快感を感じましたのはあにいと棲むようになりましてからです。

あにいは徹底的に私のアナルまんこを開拓、調教されました。

いろんな小道具を使われましてアクメに追い込まれましたり、究極はあにい自身のアナルまんこ舐めです。

最初はくすぐったくて


『あにい、やぁめぇてぇ、あぁ〜いゃあぁ。』


と声をあげながらベッドの上を逃げておりました。

鬼ごっこよろしく逃げておりましたが狭いベッドの上では簡単に捕まってしまいます。

そこからが見ものです。

私がなぜあにいから抜け出られないのか。

このあにいのアナルまんこ舐めによりまして抜け出すことの出来ない奴壺に嵌まってしまいました。



これからH海(地名)にお客様をお迎えです。

またメールいたします。



この記事を「面白い!」と思われた方は、ポチっとお願いします。
↓ ↓ ↓ ↓ 人気ブログランキング ↓ ↓ ↓ ↓
あなたは18歳以上ですか?
はい / いいえ

サイトマップ : カテゴリー別

ど変態なお話

このサイトのメインです。
強制性転換・獣姦・秘密クラブ・人身売買
 そんなお話です

ど変態AVレビュー

マニアックなAVレビュー
スキモノ必見!!

アダルトサイト攻略

海外アダルトサイトのレビュー。
お金を使ってレビューします。

相互リンク

大歓迎です。
随時募集しております。

↓ ↓ ↓ ↓ ↓ ↓ ↓ 姉妹サイトです↓ ↓ ↓ ↓ ↓ ↓ ↓

↓ ↓ ↓ ↓ ↓ ↓ ↓ スポンサーサイトです1↓ ↓ ↓ ↓ ↓ ↓ ↓
DMM.com DVD通販、レンタルなどの総合サイト

男の性病治療