男性のための女性ホルモン 性病治療

« 2234 超高級 刺青シーメール娼婦 F美さん 間久津先生が言われますようにA感覚に目覚めさせられると、その快楽の前には屈服せざるを得ない わけです | ニューハーフ,獣姦〜トップへ戻る | 2236 女衒のエリート 大嶽丸さん 逃亡を図った女郎は石抱きの刑にかけられました(後編) »

2235 女衒のエリート 大嶽丸さん 逃亡を図った女郎は石抱きの刑にかけられました(前篇)

2228 女衒のエリート 大嶽丸さんへのレス 女郎の折檻について 詳しくお願いします!

の続き。

大嶽丸さんからいただきました。

女郎の折檻の模様です。




2012/07/02 メール受け取りました。


間久津様

メール受け取りました。

アクセス数は多いのかどうかわかりません(笑)

しかしそれだけ読まれていると嬉しいやら恥ずかしいやら複雑な心境です。

マツダさんから許可を頂きました。

どのタイミングでお話しましょうか!

とりあえず折檻の話ですね。

折檻と言っても色々とありますが私が初めて体験した時の話をしましょう。

私が11歳の時、男と逃げた女郎がいたんです。

三ヶ月後捕えられました。

一緒に逃げた男に騙され再び売られたそうです。

我々の業界は横の繋がりがけっこうありますから売られた先から連絡があったとの事でした。

連れ戻された時には身体に傷や腫れが無数にあり既に拷問を受けたとわかりました。

車から降ろされ両手に縄をうたれ全裸で蔵に連行されましたが、その時、不敵に笑ったのです。

その笑いが何を意味するのか今となってはわかりません。

しかしそれを見ていたのは私だけではありません、みんな見ていました。

折檻がより残酷なものになったのは、それが要因の一つかもしれませんね。

私がオーナーに呼ばれて蔵へ行ったのはそれから三日ばかり経った頃でした。

女郎は三日三晩休みなく責められています。

責める方は交代します。

入れ代り立ち代わり、或る者は犯し、或る者は殴り、それぞれが好き勝手に女郎を甚振ります。

蔵に近づいて耳をあてると地下から悲鳴や鳴き声、呻き声が聞こえていました。

この三日間は序奏とでも言いますか、本格的な責めはこれからです。


(後編に続く)

......

......

長いので分けます。

ここまではまだプレリュードです。


この記事を「面白い!」と思われた方は、ポチっとお願いします。
↓ ↓ ↓ ↓ 人気ブログランキング ↓ ↓ ↓ ↓
あなたは18歳以上ですか?
はい / いいえ

サイトマップ : カテゴリー別

ど変態なお話

このサイトのメインです。
強制性転換・獣姦・秘密クラブ・人身売買
 そんなお話です

ど変態AVレビュー

マニアックなAVレビュー
スキモノ必見!!

アダルトサイト攻略

海外アダルトサイトのレビュー。
お金を使ってレビューします。

相互リンク

大歓迎です。
随時募集しております。

↓ ↓ ↓ ↓ ↓ ↓ ↓ 姉妹サイトです↓ ↓ ↓ ↓ ↓ ↓ ↓

↓ ↓ ↓ ↓ ↓ ↓ ↓ スポンサーサイトです1↓ ↓ ↓ ↓ ↓ ↓ ↓
DMM.com DVD通販、レンタルなどの総合サイト

男の性病治療