男性のための女性ホルモン 性病治療

« 2191 ボンデージ変態パーティ体験 Sさん ラテックス変態パーティに行ってきました(後編) | ニューハーフ,獣姦〜トップへ戻る | 2193 超高級 刺青シーメール娼婦 F美さん ホルモンを打つようになりまして性感帯が変化して行きました。乳房の膨らみが増しますに連れまして著しく… »

2192 超高級 刺青シーメール娼婦 F美さん ヘザーさんが私が先日B子先生の病院の帰りにバスの中で携帯サイトから性転換手術に関しましてを拝見して…

F美さんが読めないといけないのでレスは上に書いています。
↓ ↓ ↓ ↓ ↓ ↓ ↓ ↓ ↓ ↓ ↓ ↓ ↓ ↓ 
まあ、過去に何があったにせよ、今の仕事場で、

それなりの評価を得ている

ならば、いいのではないでしょうか?

大したもんですよ。

↓ ↓ ↓ ↓ ↓ 以下、本文です ↓ ↓ ↓ ↓ ↓ 

2012/05/16 ヘザーさんが私が先日B子先生の病院の帰りにバスの中で携帯サイトから性転換手術に関しましてを拝見して…
間久津先生

この性転換世界では大先輩のヘザーさんが私のような者にも目を掛けて下さいまして裏世界で生きております者としましては心が和む感じです。

ヘザーさんが


〔去勢について
間久津明先生のサイトに投稿されているF美さんの日記に、彼女が病院からの帰りのバスの中でご覧になった携帯のサイトから得た情報として、次のように書かれています。
性転換手術をする前に睾丸を両方とも摘出した場合、ペニスは小さくなり、陰嚢も縮んでいくのだということです。〕



このことは自分自身去勢済みでホルモンによりましてペニスも萎縮しておりますのがよくわかります。


今の私はペニスが萎縮してしまいますのでシリコンでペニスを固定化させていると言う感じです。

ペニスが付いておりませんと、シーメールファンは興味を示さないそうです。

私自身はこのような中途半端な躰でなくて早く、ヘザーさんのように早く女性になってしまいたいと 思っております。

しかし不思議ですよね。

約1年半ほど前までは男に戻りたいと強く思っておりましたが天女の刺青を背負わされまして、男に戻ることが出来ないと思ったとたんに、性転換したいと思ってしまうなんて。

私自身、拉致のような感じで△▼△(地名)に来ましたが、実際には拉致されたわけではなくて軟禁されたと言う方が正しいと思います。

振り返って自分自身のことを今考えてみますと、T先生に


『ホルモンを打ったら肌もきめ細やかになるし乳房も膨らんで感覚も女性らしくなるよ。躰に合わなければ辞めたら。』


と言われましたことがこの世界へ転落のはじまりでした。

元来、中途半端は嫌いな私ですので、ついつい女性の体系にのめり込んで行ってしまいました。

この間久津先生のサイトに投稿させていただきました初期の頃にも書き込みいたしましたが、△▼△(地名)に来ましたのは躰の変化に勤めておりました会社・同僚からも 変な目で見られるようなりまして家内も私の胸の膨らみを気にしだしました。

私が△▼△(地名)に来ましたのは一種の逃避のつもりでB子先生のお家に行ったつもりでした。

これが私の見方の甘かったところです。

約2週間のリフレッシュのつもりおりましたが、B子先生の巧みな誘惑に私は心酔して行きました。

全く浦島太郎の世界です。

B子先生がお手伝いさんに指示されまして着きましたその日から男性の服や下着は一切処分されてしまいました。

2週間と言う日はあっという間に過ぎ去りまして家に帰ろうと思いましたが、着て帰る服も持っておりましたカードやお金もB子先生に保管されてしまっております。

そこへ迎えに来て頂けるはずのT先生が突然亡くなったとB子先生から知らされまして帰る機会を逸してしまいました。

それからはB子先生の巧みな操りで結局ある程度躰が完成されました時点で組織に渡されたと言う感じです。

私のちょっとしました迷いから、一生を棒に振るようなことになってしまいました。

ですが、たとえ、東京におりましても女装の世界からは抜け出すことが出来なかったと思っております。

一度この世界に嵌ってしまいますとなかなか脚抜け出来ない世界です。

ましてや、兄にいのおかげでアナルマンコの世界も開眼されてしまいました。

今までに無い快感快楽に翻弄されました。

結局、知らず知らずのうち兄にいと一緒に棲むようになりましてから飼い慣らされまして今の姿になってしまいました。

B子先生のお家におりますまでは女装三昧で私は夢の中におりますような感じでした。

兄にいと一緒に住まわされまして騙されましたことに気付きましたが、朝から夜遅くまで代わる代わる男に犯されました。

気が狂いそうになりましたが逃げ出すことも出来ません。

繰り返し犯され幕っておりますと諦めと同時にどうにでもしてぇ。と開き直りの気持ちになってしまいました。

躰はホルモンの投与が続けられまして△▼△(地名)に来まして約1年半ほどですっかり女性の躰、姿になったおりました。

それでも、まだ男に戻りたいと、1年半ほど前まで思っておりました。

もう一つ私が奴壷に落ちてしまいましたのはマゾですので兄にいと一緒に棲みますようになって兄にいにすっかり飼われていると言う感じです。

これが兄にいと離れることの出来ない一つかも知れません。

おかげさまでSMハウスではシーメールのマゾではそれなりの評価は戴いております。

これからお店です。今日は夏のような感じです。


この記事を「面白い!」と思われた方は、ポチっとお願いします。
↓ ↓ ↓ ↓ 人気ブログランキング ↓ ↓ ↓ ↓
あなたは18歳以上ですか?
はい / いいえ

サイトマップ : カテゴリー別

ど変態なお話

このサイトのメインです。
強制性転換・獣姦・秘密クラブ・人身売買
 そんなお話です

ど変態AVレビュー

マニアックなAVレビュー
スキモノ必見!!

アダルトサイト攻略

海外アダルトサイトのレビュー。
お金を使ってレビューします。

相互リンク

大歓迎です。
随時募集しております。

↓ ↓ ↓ ↓ ↓ ↓ ↓ 姉妹サイトです↓ ↓ ↓ ↓ ↓ ↓ ↓

↓ ↓ ↓ ↓ ↓ ↓ ↓ スポンサーサイトです1↓ ↓ ↓ ↓ ↓ ↓ ↓
DMM.com DVD通販、レンタルなどの総合サイト

男の性病治療