男性のための女性ホルモン 性病治療

« 995 超高級シーメール娼婦 F美さん 京都に行ってきました。その3 | ニューハーフ,獣姦〜トップへ戻る | 997 超高級シーメール娼婦 F美さん 京都に行ってきました。その5 »

996 超高級シーメール娼婦 F美さん 京都に行ってきました。その4

2008/08/27 続編最終です。

間久津先生

私は兄にいのペースで抱かれています。

最初は恥ずかしい感じでしたが兄にいの攻め方に軆が反応してしまいまして恥ずかしさを通り越してしまいまして兄にいの首に手を回してしまいましてしがみっいています。


『ほんまに2〜3年であんな白い餅肌見たいになるかいなぁ。』


耳元で言う人がいらしゃいます。

私も慣れのせいでしょうか、お客様の声が良く聞こえて来ます。


兄にいが69の型に持って行かれます。私は兄にいの太マラをしゃぶり始めました。

兄にいは私のクリペニをシュポシュポと音を起てながらピストンされます。

併せまして私のアナルマンコに太い指を差し込まれました。

グリグリと前立腺の辺りを刺激されながら両脚を持ち上げながら軆を今度は私のアナルマンコが上に来ましてお客様から孔が見えます様にされます。

私は苦しい体系ですがされるがままになっています。


『くくっ…くっ、あ〜はぁ〜ぁ。くくっ…くっ。はぁ〜ん、はぁゎ〜あゎ〜ん。』


私は苦しい体系に呻き声を上げています。

兄にいが私のアナルマンコを舐め上げます。


『あ〜はぁ〜ぁ。いや〜ぁん。はぁゎ〜あゎ〜んあぁ〜あはぁゎ〜あゎ〜んあぁ〜あはぁゎ〜あゎ〜ん。』


私は苦しい窮屈さに何とも言えない痺れを感じてしまいまして喘ぎ声を上げています。

大広間で繰り広げられています様子は普通の人でしたら考えられないことだと思います。

兄にいが穴淵を舐め回されましたので我慢出来なくなってしまいましてお尻を振りますとようやく逆立ちの体系から私を抱き抱える様な体系にして下さいました。

今度は兄にいが下になりまして帆掛舟の様な体系から兄にいが下から私の乳房をぎゅ〜と揉みながら乳首当たりを指先で愛撫されます。

『F美、腰上げんかい。』


社長の声がしました。私は本能的に腰をグッと上げますと帆掛舟態勢でいましたので兄にいの太茎が背後から私の軆の中にズブズブと入って来ました。


『あ〜ぁ。はぁゎ〜あゎ〜んあぁ〜ああぁ〜あはぁゎ〜あゎ〜んあぁ〜ああぁ〜あはぁゎ〜あゎ〜んあぁ〜ああはぁ〜んい〜ぃはぁゎ〜あゎ〜ん。』



兄にいの太茎は私のアナルマンコの中にスッポリと入り込んでいます。


兄にいの手が私の両乳房を揉みながら腰を上下に振られます。


『うぅ〜んはぁ〜ん、はぁゎ〜あゎ〜んはぁ〜ん、はあ〜あぁ…』


感じ捲ってしまいまして喘ぎぱなしです。

兄にいはお腹の上に私を乗せまして皆さんに見えます様に私を下から突き上げられます。

私は髪を振り乱しながお乳と勃起していますクリペニを振っています。

淫声を喘ぎながら上げています。

回りの方々は私の妖艶に釘付けになってしまっていますので咳払い一つ出ません。

兄にいが私の腰を持ちまして上半身を揚げました。

私は自然に布団の上に手を付きましてよっんばいにさせられました。


『えらい感じぱなしやなぁ。』



社長が言われましたが


『あ〜はぁ〜ぁ』


返事をすることが出来ません。

兄にいの淫茎はそのまま私のアナルマンコの中に入ったまです。

私がアナルマンコをキュキュと締め上げますと兄はもっと激しく私を突きながら両手で乳首を抓られます。


『あ〜ん、あ〜ぁあ〜はぁ〜んああ〜はぁ〜あ〜あ。はぁゎ〜あゎ〜んあぁ〜あはぁゎ〜あゎ〜んあぁ〜あはぁゎ〜あゎ〜ん。』


半泣き状態になってしまいました。


『ぼちぼち、限界みたいなやなぁ。』


兄にいは


『まだまだ、へとへとになるまで嵌め込んで行ったろかと…』


『はあ〜あぁ…おねぇ〜が〜いぃ。はぁゎ〜あゎ〜ん』


私は髪を振り乱しながら社長に懇願の目を投げました。


『しゃ〜ないやっちやなぁ。』


秘薬のお陰で私のクリペニは起ちぱなしです。


兄にいは止どめを刺す様に私のクリペニを握ってグイグイと押し付けられました。


『あ〜はぁ〜ぁい〜ぃい〜ぃい〜ぃ〜イィ〜アァワヮ〜アンはぁゎ〜あゎ〜んあぁ〜ああぁ〜ああぁ〜あ』


アクメってしまいまして淫汁が垂れ出してしまいました。

兄にいも激しく腰を振られましてとうとう私の中に吐き出されました。

私は最後にお尻を上げさせられまして兄にいのペニスで筒かれました。

兄にいの淫汁が漏れ出しまして私の太股に流れ出してしまいました。


『第一ラウンドはこれでしまいとしょうか。一休みしてからF美可愛がってやるわぁ。』


社長はスケベ親父の顔をされながら私の顔を覗き込まれました。

私のクリペニを御絞りで兄にいが拭いてくれています。


『こんな感じで皆さんどないですか。
一息入れまして縛り吊るしやりますし、道具用意してあるさかいによう楽しんで楽しましたって下さい。』



社長が言われまして拍手が沸きました。


(後半に続く)
......

......


迫力満点のお座敷ストリップショー。

さらに続きます。


この記事を「面白い!」と思われた方は、ポチっとお願いします。
↓ ↓ ↓ ↓ 人気ブログランキング ↓ ↓ ↓ ↓
あなたは18歳以上ですか?
はい / いいえ

サイトマップ : カテゴリー別

ど変態なお話

このサイトのメインです。
強制性転換・獣姦・秘密クラブ・人身売買
 そんなお話です

ど変態AVレビュー

マニアックなAVレビュー
スキモノ必見!!

アダルトサイト攻略

海外アダルトサイトのレビュー。
お金を使ってレビューします。

相互リンク

大歓迎です。
随時募集しております。

↓ ↓ ↓ ↓ ↓ ↓ ↓ 姉妹サイトです↓ ↓ ↓ ↓ ↓ ↓ ↓

↓ ↓ ↓ ↓ ↓ ↓ ↓ スポンサーサイトです1↓ ↓ ↓ ↓ ↓ ↓ ↓
DMM.com DVD通販、レンタルなどの総合サイト

男の性病治療