男性のための女性ホルモン 性病治療

« 493 シーメールソープ嬢 F美さん 温泉街の枕芸者再び | ニューハーフ,獣姦〜トップへ戻る | 495 シーメールソープ嬢 F美さん 社長のペニスをしゃぶらされました »

494 シーメールソープ嬢 F美さん 社長さんはお強いです

2007/06/26

夜の宴会の後に社長が私を御預かりしているドールやと皆さんに紹介されました。

間久津先生

昨日の続編です。

C湯温泉の小綺麗な旅館はR湯温泉の大きな旅館と違いまして隠れ家的な宿でした。

社長はこの旅館もお馴染みの様子で女将が


『社長、お待ちしておりました。』


と挨拶されていました。

いつもの様に私は兄にいと社長はお一人のお部屋です。


『F美、社長の部屋行って背中流しに行ったて。』


兄にいが言いましたので従いました。

社長のお部屋の前に参りますと話し声が聞こえて来ます。


『うん。そうそうそうやねん。
アハッハハハ。待つとるで、かまへんがなぁ。』



と電話で話されていました。

私に気が付かれまして


『おっ、かまへん遠慮せんとこっちにおいでなぁ。下の具合どうや』


私は


『社長、私も訓練させられましてだいぶ馴れましたけど、それは社長が私に優しいからやと思っています。』


と申し上げますと


『お前も、B子先生のお家の子や。
言葉上手になったなぁ。
よう耐えられる様になったなぁ。』



『社長、兄にいが社長にお風呂入ってもうて背中流すように言われましたけど。』



『あいつも気い付くようなったなぁ。
お前にあいつ惚れてのんとちゃうか。
お前はどや。
毎晩、しこたま、やってんのんとちゃうか。わしが、F美を可愛がってやれや、ゆうたさかい、訓練やとかなんとかゆうて、お前の顔に書いてあるわ。
あいつもえぇ歳やね。まぁ、えぇわ。一緒に入ろか。
R湯温泉以来ちゃうか。』



と言いながらお部屋の露天風呂に入りました。


『社長、お背中流します。』


と私が申し上げまして私が上がろうとしますと


『えぇがな。
今日はわしがあろたろ。
女の子やのに、こんなにえぇもの下げて、しょうもないやっちや。どや。どこが気持ちえぇのか、ゆうてみぃ。
ここか、えぇこの乳か。』



『社長、か〜んにぃ〜あぁ〜あいゃ〜ん。いゃ〜ん。だぁ〜めぇ〜アゥ〜ンうぃ〜んはぁ〜ん、はぁゎ〜あゎ〜んあぁ〜あはぁゎ〜あゎ〜ん』



社長は私をいつもの様にお風呂の淵に腰掛けさせられましてクリペニを撫ぜ回しながら


『F美、背中流さんでもかまへんけど、あそこ舐めてくれや。』


私は私が座っていました場所に社長に座って戴きまして蟻の戸渡りから舐め上げました。

今日はこのへんでやめておかないとこれからお仕事です。

鈴木 F美

......

......

いつもどおり、湯女のF美さんです。

A兄いさんと夫婦になるように言われておりますね。

上手く立ち回れば、F美さんはいいポジションに付けるのではないでしょうか。

しかしまあ、社長さんは、相変わらず、お強いですね。

この記事を「面白い!」と思われた方は、ポチっとお願いします。
↓ ↓ ↓ ↓ 人気ブログランキング ↓ ↓ ↓ ↓
あなたは18歳以上ですか?
はい / いいえ

サイトマップ : カテゴリー別

ど変態なお話

このサイトのメインです。
強制性転換・獣姦・秘密クラブ・人身売買
 そんなお話です

ど変態AVレビュー

マニアックなAVレビュー
スキモノ必見!!

アダルトサイト攻略

海外アダルトサイトのレビュー。
お金を使ってレビューします。

相互リンク

大歓迎です。
随時募集しております。

↓ ↓ ↓ ↓ ↓ ↓ ↓ 姉妹サイトです↓ ↓ ↓ ↓ ↓ ↓ ↓

↓ ↓ ↓ ↓ ↓ ↓ ↓ スポンサーサイトです1↓ ↓ ↓ ↓ ↓ ↓ ↓
DMM.com DVD通販、レンタルなどの総合サイト

男の性病治療