男性のための女性ホルモン 性病治療

« 218 女装マゾ愛人 F美さんへのレス 性同一性障害(GID)でもないのに強制的に女性化させられたのですね? | ニューハーフ,獣姦〜トップへ戻る | 220 女装マゾ愛人 F美さん ○○川は涼しいところです。 »

219 女装マゾ愛人 F美さん 縄でキツく縛られ責めに酔い痺れる体です。

2006/08/12 縄でキツく縛られ責めに酔い痺れる体です。

間久津先生

昨夜はB子先生に久しぶりに苛められました。

夕飯を食べている時から先生に

『F美、ご飯食べ終わったらあれの準備しとき』

といわれました。

あれとは、シャワー浣腸のことです。

お手伝いさん達も先生の目を見まして感ずき早めに食卓を片付けました。

『はよ、せんかいな』

私はその言葉にぞくっと致します。

浴室に入りシャワーを浴びながらアナルマンコを洗滌致しました。

鏡に映る自分の姿を見るとついこのあいだ迄男だったなんて信じられない体です。

水滴が乳房をつたわり落ちて行きます。

『F美、何してんのん。』

と先生が扉を開けて急かされます。

『何にも付けんでもえぇわ。』

と言って後ろから押される様に浴室を出ました。

すかさず手を後ろに回されぐるぐる巻いて縄を前に回し乳房を掛け合わせクリペニを上げる様に股から後ろに回されぎゅーと縄を締め付けます。

首輪と足枷を付けられボールギャグをかまされました。

『はぁ、アツアツや』

ギリギリ縛られましたが感じてしまいクリペニが少し勃起してしまいました。

先生も

『F美、あんたもう感じてねんや。』

といわれました。

『まだまだこれからや。』

と言って天井から滑車を降ろして私の首輪と足枷にロープを架けて海老そり吊りです。

首が痛くて息が苦しいです。

滑車の巻くモーターの音に3メトル迄吊り下げられました。

『海老そり吊り、いいわ』

先生は下から見上げる様にソファに座って眺めていらっしゃいました。

『F美VTR撮っとこうな。』

と言って回し始められました。

私は首が痛くて息が出来ません。

縄が乳房に喰い込み、ボールギャグをかまされていますので

『アァーアゥーゥアァーアァ』

しか声が出ません。

先生が責め棒で乳首やクリペニをつつかれます。

今度は鞭を持ち出され

『自分だけ気持ちようなってしもて。』

といいながら鞭を振りおろされます。

痛いですが、クリペニは意に反して汁を吐き出してしまいました。

『F美は淫乱や。』

といいながら鞭を振りおろされます。

私は快感のあまり海老そり状態でアクメイッテしまいました。

しばらく宙吊り状態のままでしたが

『一人でイッテしまうということってどうゆうこと。ゆるさへん。』

といいながら何回も鞭を振りおろされました。

しばらくすると先生が

『F美。そうや、あんたオナニービイデオ撮ってへんな。面白いと思わへん。』

先生はそうおっしゃつて箱の中から太い電動こけしや張り型を出されました。

『F美、始めよか。そやそや、あんたに玉子プレゼントしてあげるわ』

そうおっしゃつて玉子の型をしたバイブです。

『F美が潤滑クリーム塗るとこから始めよか。』

私は先生のペースに填まってしまいました。

先生も自分の手で電動こけしを私のあそこに挿入されました。

スイッチを入れてぶ〜んと音がしたとたん私のあそこの中でぐりぐりこけしが回り出しました。

私はこけしを咥えこまされましたがあまり感じません。

『どないしたん。感じへんの。お乳吸うたろか。』

と先生が言われました。

私自身最近実物の男の人と絡まされていますので感覚が男に馴染んでしまいましたのでこけしでは満足出来ない体になってしまいました。

あの熱くて太い感覚。背後から抱き抱えられ乳首をぎゅーと揉まれますと快感が走り抜け

『アァーンうぅ〜んウンーアァーアァ』

と快楽陶酔の世界です。

『F美、来週はお前の望みどうり絡ましたるわ。』

と言って先生はこう言われました。

『F美、あんたとうとう私の思いとうりになったわな。言葉の喋れるえぇペットや。近いうちに淫乱F美のお披露目せなあかんなぁ』

と言われました。

今朝は早く起きて○○川に向かっています。

間久津先生またメール致しますが△▼△(地名)に帰ってから致します。

先生のお話ですと○○川でゆっくり楽しんで来週に絡ますと言われましたので楽しく遊ぼうと思っております。

鈴木 F美


……


……


B子先生は、お医者様だけに、○○川(地名)に別荘をお持ちなようです。

何とも優雅ですね。

豪宅にお住まいで愛人をお囲いになり、別荘までお持ちのサディストな女王様。

何ともカッコいい。

まるで、ポルノ映画かSM小説の登場人物みたいです。

その愛人は、女の身体にされてしまった元男。

徹底的な調教で身体ばかりか心まで支配され、従順に飼いならされてしまい、言葉の喋れるペットと呼ばれている。


しかし、言葉の喋れるペットって......倒錯しております。

上流階級のお遊び......それも、とっても危険なるお遊び。

といった感じですか。

おぞましい限りです。

お披露目って言葉が出ておりますが......これはやはり、マゾ奴隷としてそのスジの方たちに吟味されるのでしょうか?

目が離せませんねえ。

この記事を「面白い!」と思われた方は、ポチっとお願いします。
↓ ↓ ↓ ↓ 人気ブログランキング ↓ ↓ ↓ ↓
あなたは18歳以上ですか?
はい / いいえ

サイトマップ : カテゴリー別

ど変態なお話

このサイトのメインです。
強制性転換・獣姦・秘密クラブ・人身売買
 そんなお話です

ど変態AVレビュー

マニアックなAVレビュー
スキモノ必見!!

アダルトサイト攻略

海外アダルトサイトのレビュー。
お金を使ってレビューします。

相互リンク

大歓迎です。
随時募集しております。

↓ ↓ ↓ ↓ ↓ ↓ ↓ 姉妹サイトです↓ ↓ ↓ ↓ ↓ ↓ ↓

↓ ↓ ↓ ↓ ↓ ↓ ↓ スポンサーサイトです1↓ ↓ ↓ ↓ ↓ ↓ ↓
DMM.com DVD通販、レンタルなどの総合サイト

男の性病治療