男性のための女性ホルモン 性病治療

« 36 陳さんの”秘密クラブ性交用奴隷オークション潜入リポート” その1 | ニューハーフ,獣姦〜トップへ戻る | 38 陳さんの”秘密クラブ性交用奴隷オークション潜入リポート” その3 最終話 »

37 陳さんの”秘密クラブ性交用奴隷オークション潜入リポート” その2

 陳さんのリポートの続きです。

 いよいよK子さんの登場です。

ちょっと休憩が入り、お待ちかねのメインのショーになります。

まず、身体の3個所(両乳首と股間)を長い金のチェーンで連結されたマゾ娘2人(赤いコルセットの娘と青のコルセットの娘、お揃いのガーターベルト&ストッキング、コルセットと色を合わせた革ショーツ)が舞台に引き出されます。

その内の青の衣装の方がK子さんでした。

赤い衣装の女性もかなり大きなおっぱい(Dカップ級)なのですけど、それに比べてもK子さんのFカップに豊胸されたおっぱいの大きさの異様さが目立ちます。

股間は、2人並べてよく観察すると、微妙に曲線が異なりますけど、一般の人が見たら2人とも同じように純女と思うでしょう。

2人が乳首を嘗めあったりレズっぽい雰囲気にふけっていると、黒と白の衣装の2人の女王様が登場して、2人を引き剥がして責めはじめます。

やがてマゾ娘の股間を覆っていた革ショーツがはがされます。

まず2人の
アナルのプラグが抜かれます。

そのあまりの
巨大さ(たぶん直径7cm 長さ15cm級)に会場がどよめきます。

次に正面向きのM開脚の姿勢で、前が披露されます。

赤い衣装のマゾ娘のヴァギナのプラグが抜かれた後、K子さんの股間の秘密が暴かれます。

そこには
ヴァギナが無く、男女どちらともつかない不思議な形の性器が現れ、また会場がどよめきます。

女王様が鞭の先でK子さんの巨大なクリトリスを突つきながら口上を述べます。

「皆さん、驚かれましたか?この淫乱マゾ娘K子は、生まれつきの女ではありません。元男性の変態ニューハーフです。しかも
2年前まで皆さんもよくご存知の一流企業○○○○(実名)のエリート・ビジネスマンだったのです。誤解されないように。企業のOLじゃなく立派な男性社員だったのですよ」

会場が大きくざわめきます。女王様が言葉を続けます。

「それが
今ではごらんのような変態マゾのアナル娼婦です」

女王様が、手に持っていた張り型をK子さんのアナルに突っ込んで激しく出し入れします。

K子さんが「ヒーヒー、オーオー」大きなよがり声を上げます。

会場から笑い声が漏れます。

言い忘れましたけども、K子さんの声は男と女の中間の音程の艶のあるセクシーボイスです。

もう赤い衣装のマゾ娘と比べてよがり声がすごく大きく、それが一層淫らな感じなのです。

「ご覧ください、ちょっと刺激しただけでこんなに狂ってしまいます。
一流の大学出て、一流の企業に就職した立派な男性がたった2年で(実際は7年くらいの調教期間がかかっている)こんな淫らな女になってしまいました。世の中、不思議ですね。怖いですね」

女王様のちょっとユーモラスな口調にまた会場から驚きの声と笑い声が起こりました。

K子さんは、きっと
ものすごい屈辱感で気が狂いそうなくらい興奮していたと思います(私自身の経験から)。

その後は、2人の女王様がマゾ娘2人のフィストファックにかかります。

K子さんの方はもちろんアナルフィストです。

フィストが完了すると、太い双頭張り型でマゾ娘2人の股間が連結されます。

ふたりが双頭張り型を使ってもだえている間に、一度舞台から消えた女王様2人が、巨大なペニスバンドをつけて再登場します。

そのものすごい巨大さにまた会場がどよめきます。マゾ娘2人を連結していた双頭張り型とチェーンが外され、四つ這の姿勢にさせられ、バックからそれぞれの股間の穴に女王様の巨大ぺニスバンドが埋め込まれます。

しばらくガンガン腰を使われてヒーヒーよがらせられ、5分足らずの間に2人とも2回ほど「ひ〜ぃ、いくいく〜ぅ」と大声を上げてイカされた後、
そのままの状態(ペニスバンドを受け入れた状態)で、見物席前列の男性招待客の方に這わされていき、順番にご挨拶(おフェラ)をしていきます。

もちろん、ご挨拶程度のおフェラですけど、ショーに興奮していた男性客の中は発射してしまった人もいたかもしれません。その場合、もちろん
マゾ娘たちはザーメンを飲み干さなければいけません。

 ……
 
 ……

 ……

 いよいよK子さんご出演のショーの部分です。

 こんなことが、日本で実際に行われているかと思うと、また再び頭がくらくらしますね。

 アナル調教で禁断の快楽を教え込まれ、男とも女ともつかぬ変態的な身体に改造され、さらに、多くの人前で身体をサラシモノにされた挙句、自分の経歴まで晒されたK子さん。

 その屈辱感ったるや……どんなものであるか想像もつきませんが、陳さんはあっさりと、こう書かれております。

 
私自身の経験からすると、ものすごく興奮していたと思います

 いや、本当に、陳さんでなければ書けないリポートでしょう。

 目の前で、これだけのショーを見せられたら、股間に血液が行きっぱなしになり、意識を失うかもしれません。

 そこをフェラチオされたら……茎から樹液ほとばしってしまっても無理はないでしょう。

 しかし、それをそのまま飲み干すってことは……クラブの会員になるには血液検査が必須?
 

次のページへ
<

無修正AV「女体オークション」のリポートはこちら
この記事を「面白い!」と思われた方は、ポチっとお願いします。
↓ ↓ ↓ ↓ 人気ブログランキング ↓ ↓ ↓ ↓
あなたは18歳以上ですか?
はい / いいえ

サイトマップ : カテゴリー別

ど変態なお話

このサイトのメインです。
強制性転換・獣姦・秘密クラブ・人身売買
 そんなお話です

ど変態AVレビュー

マニアックなAVレビュー
スキモノ必見!!

アダルトサイト攻略

海外アダルトサイトのレビュー。
お金を使ってレビューします。

相互リンク

大歓迎です。
随時募集しております。

↓ ↓ ↓ ↓ ↓ ↓ ↓ 姉妹サイトです↓ ↓ ↓ ↓ ↓ ↓ ↓

↓ ↓ ↓ ↓ ↓ ↓ ↓ スポンサーサイトです1↓ ↓ ↓ ↓ ↓ ↓ ↓
DMM.com DVD通販、レンタルなどの総合サイト

男の性病治療