男性のための女性ホルモン

« うたいたくて 〜トランス・コンバージョン「大学生Aの場合」〜 | ニューハーフ,獣姦〜トップへ戻る | 俺は彼女にすり替えられたらしい!? その1 »

3654 秘密クラブの元調教師 Gさん コロナ禍のなか、裏風俗に新たなる生贄が2名堕ちてきました

3650 秘密クラブの元調教師 Gさん 裏社会に堕とされた親子の運命は?

の続き。

Gさんからいただきました。

嬉しいですね、皆さん。


2020/10/09 昨今事情にて

間久津様

コロナ禍のなか、事業、サイト運営お疲れ様です。

高齢の私は、残されし短き人生を往年の出来事を思い出し良き理解者の妻と振付師に感謝しながら楽しんでいる昨今です。


さて、今回も振付師のお誘いを受け指定された駅へ向かいました。

駅前でワゴン車の出迎えを受け、乗車致し現地に向かいました。

車に揺られて数時間後、とある建物の前に到着。

シャッター開閉音が響き終えるとワゴン車はシャッターの内部へ。

ドアを開けられて下車しました。

薄暗き室内を案内され奥へと進みます。

建物の突き当りにはドアが。

そのドアの前の排気孔から、人体熱と淫風なる臭いが......。

ドアを開けると淫靡なる騒めきと淫語が飛び交っていました。

空間に昨今のコロナ禍にてか、ビニールカテーンの仕切りがありました。

よく見ると、裸体の男性達2名が開脚状態にて椅子に座っています。

ビニールカーテンで区切られた前には女性が2名。

彼女たちはそれぞれ、男性たちの陰茎を咥えされられていました。

2人とも、青白い顔をしています。

そして無表情で一心不乱に奉仕中でした。

さらに壁伝いに奥へいきますと、仕切られた空間では異質なる状態。

フェラチオさせられている2名の女性たちは、体を二つ折りにされています。

上半身は、乳房の所に開けられた台に拘束されています。

両脚は大きく開脚交差されて拘束。

とても卑猥なる光景でした。

そこに、振付師が現れました。

振付師は、微笑みながら時候の挨拶をなされました。

(後編に続く)

.....

......


さて、Gさんの懇意にしている裏風俗に、さら新たなる生贄たちが堕ちてきたようです。

今回は、女性が2人。

どんな女性たちなのでしょうか?

それは後編をお楽しみに。

この記事を「面白い!」と思われた方は、ポチっとお願いします。
↓ ↓ ↓ ↓ 人気ブログランキング ↓ ↓ ↓ ↓
あなたは18歳以上ですか?
はい / いいえ

男性のための女性ホルモン
サイトマップ : カテゴリー別

ど変態なお話

このサイトのメインです。
強制性転換・獣姦・秘密クラブ・人身売買
 そんなお話です

ど変態AVレビュー

マニアックなAVレビュー
スキモノ必見!!

アダルトサイト攻略

海外アダルトサイトのレビュー。
お金を使ってレビューします。

相互リンク

大歓迎です。
随時募集しております。

↓ ↓ ↓ ↓ ↓ ↓ ↓ 姉妹サイトです↓ ↓ ↓ ↓ ↓ ↓ ↓

↓ ↓ ↓ ↓ ↓ ↓ ↓ スポンサーサイトです1↓ ↓ ↓ ↓ ↓ ↓ ↓
DMM.com DVD通販、レンタルなどの総合サイト