男性のための女性ホルモン ロイヤルハニー

« 3585 性奴隷MIYUKIさん 私たち奴隷は、避妊手術はされません | ニューハーフ,獣姦〜トップへ戻る | お水の畜生道〜あるキャバ嬢の騙され転落人生〜 »

3586 秘密クラブの元調教師 Gさん 先の投稿顛末記(後編)

3584 秘密クラブの元調教師 Gさん 先の投稿顛末記(前編)

の続き。


2019/12/27  先の投稿顛末記

(前編からの続き)

指定された日時にいつもの場所に行きますとワゴン車が迎えにきました。

その車に乗車しまして、以前にお邪魔致したる建物にいきますと振付師がお待ち致しておりました。

建物の内部に入りまして薄暗い通路を奥へ進みますと鉄扉がありました。

振付師が叩くとその扉が開きました。

さらに数歩先に厚手の木扉がありました。

それを引くと煌々と灯りの空間に2名の女性たちがいました。

2人とも素っ裸。

1人は介護仕様ベット、もう1人はリクライニングチェアに交差状態で拘束されておりました。

リクライニングチェアの女性は下半身を大きく開脚されていました。

150°の状態で股を開かれ、同じ境遇の性奴隷の女性が彼女の陰毛を剃刀で剃っていました。

ベットに拘束された性はすでに剃毛されておりました。

男性が女性の口唇に厚い布を噛ませていました。

縛り終えると刺青師が現れました。

ベッドの女性は恐怖心で青ざめた表情で涙目でした。

恥丘に消毒液を塗布し、乾いてからペンで描く英字と数字を薄書きされます。

手元にある下書き用紙と照合してタトゥーマシンを手に持ち作動されました。

低周波の音に、次に彫られることになる自分の運命を呪い、リクライニングチェアの女性も恐怖で怯え震えて首を振りながら悶え号泣致しておりました。

悲壮空間の中、刺青師は淡々と冷徹にマシンを操作し彫り進めておられました。


間久津様

今回は中途半端な投稿で申し訳なくお詫びと共お手数ですが、編集の程宜しくお願い申し上げます。
.....

......

股間に、英字と数字の刺青。

SEX SLAVE とか? 奴隷の号数とか?でしょうか?

次に彫られる自分の運命を呪って号泣する性奴隷女。

興奮をそそられますね〜皆さん。

次が楽しみです。

この記事を「面白い!」と思われた方は、ポチっとお願いします。
↓ ↓ ↓ ↓ 人気ブログランキング ↓ ↓ ↓ ↓
あなたは18歳以上ですか?
はい / いいえ

男性のための女性ホルモン
サイトマップ : カテゴリー別

ど変態なお話

このサイトのメインです。
強制性転換・獣姦・秘密クラブ・人身売買
 そんなお話です

ど変態AVレビュー

マニアックなAVレビュー
スキモノ必見!!

アダルトサイト攻略

海外アダルトサイトのレビュー。
お金を使ってレビューします。

相互リンク

大歓迎です。
随時募集しております。

↓ ↓ ↓ ↓ ↓ ↓ ↓ 姉妹サイトです↓ ↓ ↓ ↓ ↓ ↓ ↓

↓ ↓ ↓ ↓ ↓ ↓ ↓ スポンサーサイトです1↓ ↓ ↓ ↓ ↓ ↓ ↓
DMM.com DVD通販、レンタルなどの総合サイト