男性のための女性ホルモン 性病治療

« 欲望回帰第542章-強制女装美娼年拘束達磨アクメ地獄逝キ第3話メイド蹂躙編- | ニューハーフ,獣姦〜トップへ戻る | 3233 超高級 刺青シーメール娼婦 F美さん 五月晴れの気持ち良い朝です。今日は病院の日ですのでいつもよりも早めに起きようと思っておりましたがあに »

3232 超高級 刺青シーメール娼婦 F美さん 間久津先生が言われました様に一度アナルまんこの快感を味わってしまいますとその快感快楽から抜け出ること

F美さんが読めないといけないのでレスは上に書いています。
↓ ↓ ↓ ↓ ↓ ↓ ↓ ↓ ↓ ↓ ↓ ↓ ↓ ↓ 

資産家のお嬢様とご結婚され2人もお子さんにも恵まれ順風満帆なる人生を送っていた筈が、女装趣味からニューハーフ娼婦に。

世の中いろいろ、人生いろいろ。

ですね。

↓ ↓ ↓ ↓ ↓ 以下、本文です ↓ ↓ ↓ ↓ ↓ 
2016/5/11 間久津先生が言われました様に一度アナルまんこの快感を味わってしまいますとその快感快楽から抜け出ること

間久津先生

私がアナルまんこにペニスを差し込まれましたのは社会人になりましてすぐの頃でした。

その頃はサラリーマンになりまして親元を離れましてはじめてのアパート生活をはじめました。

前橋に会社の北関東支店に配属が決まりました。

会社を定時に終わりまして歩いて10分程のアパートに帰ります。

週末は東京の女装倶楽部に出掛けます。

女装倶楽部でも人気者になりまして女装誌のグラビアに出して頂いたりしておりました。

女装交際誌欄で知り合いましたT先生との交際が始まりましたのもこの頃からでした。

T先生は私を着せ替え人形の如くお会いいたします度に奇抜な下着や素敵なお洋服を用意されていらっしゃいます。

女装倶楽部『エリザベス』に通っておりましたので私自身お化粧の腕も上げました。

T先生の診療所にお伺いしておりましたがホテルの方が浴室やシャワーの設備がありますのでその方が良いのではとのお話ですので私は先生の言われます通りに指定されますホテルへ私は向かいました。

T先生は私の知らない事を優しく教えてくださいました。

男の勃起しておりますペニスを舐めますことを教えられました。

更に潤滑ジェルでペニスをピストンしまして龜頭を愛撫することを教えられました。

そして、それが教え終わりますとT先生のペニスを私のアナルまんこに挿入さられますと言われました。

T先生は


『緊張しないで、私にお任せなさい。F美ベッドの上に四つん這いになりなさい。そうそう、肛門の力を抜いて。』


T先生はアナルまんこにジェルを指先で塗り込まれます。


『F美、どう。』


と先生が言われます。 

私は初めての経験ですのでので何とも言えません。

先生の指先が1本から2本に増えまして更に3本になりました。

指先でアナルまんこの中を回されます。

丁度前立腺の辺りを圧されます。

口では表しの出来ません快感が訪れます。


『あぁ〜あぁ〜あぁ〜はぁ〜あぁ〜あぁ〜あぁ〜はぁ〜あぁ〜あぁ〜はぁ〜はぁ〜はぁ〜あぁ。』


私の初めての体験です。

よがり声と言うよりもせつない感じの声が自然に口から零れ出てしまいました。

T先生はアナルまんこに指先を入れられまして更に穴全体を回す様に続けられました。

そして、片方の手で龜頭を愛撫されます。

私は躯を震わせながら快感を堪えております。

T先生が私の耳元で囁く様な感じで


『F美、どうだい。気持ち良いだろう。もっと気持ち良いいことをして上げるから。』


と先生は言われました。

それがT先生のアナルまんこへのペニスの挿入です。

T先生がアナルまんこの先端を私の肛門に宛てられました。

潤滑ジェルを私の肛門と先生のペニスの先端に塗られておりますのでわけなく挿入されますのかと思っておりましたが先生のペニスがアナルまんこから私の躯の中に入り込んで来ました。

激痛がアナルまんこから走り抜けます。


『あぁ、やぁ〜めぇ〜てぇ。痛い〜ぃ。』


T先生は私の腰を抱え込ながらピストンを繰り返されます。

痛みが躯を震わせます。


『F美、女になる為の苦しみだよ。』


と先生が耳元で囁かれました。

それからT先生にお会いする度に私は抱かれました。

まだその頃は快感などほど遠い感じでした。

毎日訓練する様にと言われまして大人のおもちゃ、と潤滑ジェルを私に渡されました。

しばらくはその様な感じでしたが、抱かれまして平たい胸の乳首を先生が愛撫されます。

私自身、まだその頃はホルモンを使っておりませんでした。


『F美、パットでブラジャーじゃなくて私がお乳を膨らましてあげようか。』


私が驚いた顔をしますと


『心配いらないよ。お乳が膨らむともっと気持ち良い感じになれるから。』


と言われまして朱色の錠剤をくださいました。

今思えばこれがプレマリンと言ってホルモン薬の錠剤です。

それと白い錠剤を朝晩1錠づつ飲む様に言われました。

白い錠剤はプロベラです。

話が変わりますが丁度私もそろそろ結婚する様に言われておりました。

あまり乗り気ではありませんでしたが人の紹介でお付き合いしております彼女がおりました。

ですから女装は黙っておりましたら判りませんのでT先生から勧められましたホルモン薬は断っておりました。

女装倶楽部のエリザベスに行きますとホルモンを打っいる人達が数人いました。

結婚するために前橋のアパート生活を引き払いまして東京の本社勤務に命ぜられました。

彼女はお父さんや兄弟が商売をされていらっしゃいまして資産家のお嬢さんでした。

結婚することになりましてこれを期に女装から脚を洗おうと思いましてT先生に言いますと前橋にありました女装衣類などはすでにT先生の診療所に保管して頂いております。

結局結婚を致しましたが女装倶楽部、女装からは完全に抜けますことは出来ませんでした。

しかし、家にはばれません様に致しておりました。

こんな感じでしたが子供にも恵まれまして約4年ほどの間に2人の女の子が産まれました。

その間は上手にT先生の診療所へお邪魔したりしまして仮面を被りました夫、お父さんを演じておりました。

しかし、T先生の診療所へお邪魔しますと一変しまして女装の世界です。

T先生に連れられましてファッションホテルへ行きました。

T先生が背後から私を犯されます。

私は以前から体型は細身の体型でしたのでスタイルには自信がありました。


『F美、こんな素敵な躯に乳房があったら最高だな。』


T先生が言われました。

もうその頃はT先生によりまして私のアナルまんこは痛い痛いと言うこともなくT先生のペニスを受け入れておりました。

子供も上の子は4才下の子は間もなく2才になりますところでした。

T先生は


『躯にあわなければ辞めればいいよ。』


と言われまして私のお尻に注射を打たれました。

この続編はまたメールします。

この記事を「面白い!」と思われた方は、ポチっとお願いします。
↓ ↓ ↓ ↓ 人気ブログランキング ↓ ↓ ↓ ↓
あなたは18歳以上ですか?
はい / いいえ

サイトマップ : カテゴリー別

ど変態なお話

このサイトのメインです。
強制性転換・獣姦・秘密クラブ・人身売買
 そんなお話です

ど変態AVレビュー

マニアックなAVレビュー
スキモノ必見!!

アダルトサイト攻略

海外アダルトサイトのレビュー。
お金を使ってレビューします。

相互リンク

大歓迎です。
随時募集しております。

↓ ↓ ↓ ↓ ↓ ↓ ↓ 姉妹サイトです↓ ↓ ↓ ↓ ↓ ↓ ↓

↓ ↓ ↓ ↓ ↓ ↓ ↓ スポンサーサイトです1↓ ↓ ↓ ↓ ↓ ↓ ↓
DMM.com DVD通販、レンタルなどの総合サイト

男の性病治療