男性のための女性ホルモン 性病治療

« 真夜中は女神 ―寝取られ性転換― 前日譚 | ニューハーフ,獣姦〜トップへ戻る | 3228 超高級 刺青シーメール娼婦 F美さん 日中はブラウスで過ごせます陽気になりました »

3227 超高級 刺青シーメール娼婦 F美さん あにいと一緒に棲む様になりまして早くも10年もの歳月が経ちます。私自身最初の頃は嫌々でしたがこうして生

F美さんが読めないといけないのでレスは上に書いています。
↓ ↓ ↓ ↓ ↓ ↓ ↓ ↓ ↓ ↓ ↓ ↓ ↓ ↓ 

アナルをなめた口でキスされるとは。

F美さんも、

「フェラチオした口で兄いさんにキスする」復讐を演じられては?


↓ ↓ ↓ ↓ ↓ 以下、本文です ↓ ↓ ↓ ↓ ↓ 
2016/04/22 あにいと一緒に棲む様になりまして早くも10年もの歳月が経ちます。私自身最初の頃は嫌々でしたがこうして生

間久津先生

あにいと一緒に棲む様になりまして早くも10年もの歳月が経ちます。

最初の頃は嫌々ながら一緒にいましたがこうしていつも一緒にいますのでだいたいあにいの趣味志向を覚えてしまいました。

私自身まさかあにいと一緒に棲む様になるなんて思ってもいませんでしたのでB子先生に言われました時はえぇと思いました。

B子先生のお家にいました時にD川(地名)の別荘に社長と一緒に来ましたし★☆■(地名)の社長のお友達のお家で浣腸ショーをさせられましたことを覚えております。

こうしてあにいと一緒に棲む様になりまして一つはこの様な世界を教え込まれました。

もう一つはアナルまんこの快感快楽を教え込まれました。

B子先生やT先生達も私を玩ばれましたが本格的にこの様な世界の基本を教え込まれましたのはあにいです。

最初の頃は私の監視役で多分付けられたと思います。

B子先生のお家からH海(地名)のマンションに連れて来られます間にH山の山麓のモーテルに連れ込まれまして抱かれましたことを覚えております。

それから数日後特訓と称されまして朝から晩までお店の男達や組織の男達に犯され捲られました。

私自身まさかこうしてソープのお店に出されましてお客を取らされましてソープ嬢をさせられるとは思ってもいませんでした。

更にホテルでのデリバリーヘルスもやらされてしまいました。

B子先生はご自分の家に誘い込みましてこれと言った男に目を付けまして女装癖のあります男に蛇の様に近づきましてホルモンを注入して徐々に躯を変えて行かれます。

B子先生の甘い言葉に騙されまして気が付きますと戻るに戻らない奴壺に落とされてしまいました。

あにいは一緒に棲む様になりまして最初の頃は私をほとんど毎日の様に抱かれました。

更に変態プレーを教え込まれました。

浣腸プレー、更に縛り、吊し上げられまして蝋を垂らされます。

挙げ句の果て男性二人をお相手致します変態プレーの限りをされました。

そして私のアナルを男を喜ばせる様に変えて行かれました。

私も知らず知らずのうちにあにいによりましてアナルまんこを開発されました。

男同士のセックスはアナルまんこに挿入出し入れは判っておりましたが最初の頃は私自身余りしっくりとした感じではありませんでした。

回数を重ねて行きますうちにあにいのアナルまんこ舐めを経験致しました。


『嫌々、そんな汚ないところを舐める何て、嫌々。』


私自身まさかそんなところを舐める何て思ってもいませんでした。

あにいは私の脚を掴みまして脚を持ち上げられます。

あにいは私の胯間を広げながら胯間に顔を埋めます様にペニスを根元より蟻の戸渡部分から舌先を這わせられます。

私も初めての経験ですがあにいの巧みな舌先の動きに翻弄されてしまいました。

この何とも言えない快感がこみ上げて参ります。あにいがアナルまんこの縁を丹念に舌先で舐め挙げます。

女でもない私が腰を振りながら喘ぐ姿はもうどこにも男の姿はありません。

一度この何とも言えない快感アナルまんこ舐めを味わってしまいますともう男に戻ると言う気持ちは失せてしまいます。

あにいが


『どゃ、こんなことしてくれる者おれへんやろぅ。』


こうして私はあにいの情夫の様な感じになってしまいました。

私自身はそれでもその頃はまだ男に戻るつもりでおりました。

しかしそれは無理なことは判っておりました。

すでに去勢をしておりますので躯はすっかり変わり果ております。

もう一つ私はあにいのアナルまんこ舐めによりましてたとえ様のない快感を味わってしまいました。

こうして私はすっかりあにいに飼い慣らされてしまいました。

それにあにいがアナルまんこを舐めました舌先で私の口唇を吸われます。

いやぁだあと言いましてもあにいは強引にキスをされます。

自分のアナルまんこを舐めました舌先ですから汚ないと思いましたがあにい曰く


『何を言うているねん。お前のアナルを舐めた口でお前の上の唇を舐めたっておるのに。』


と言われました。

結局、こうして私はあにいのペースで物事が進んでしまいます世界に棲む様になりました。

特に背中に天女の刺青を背負ことになりましてからはあにいの言われます通りに生活しております。

この先もこうして生きて行くしかないのかと思います。

この世界に生きて行くニューハーフの娘や男娘は結局、こうしてあにいの様な男が紐の様についておりますのがこの世界の常の様です。







この記事を「面白い!」と思われた方は、ポチっとお願いします。
↓ ↓ ↓ ↓ 人気ブログランキング ↓ ↓ ↓ ↓
あなたは18歳以上ですか?
はい / いいえ

サイトマップ : カテゴリー別

ど変態なお話

このサイトのメインです。
強制性転換・獣姦・秘密クラブ・人身売買
 そんなお話です

ど変態AVレビュー

マニアックなAVレビュー
スキモノ必見!!

アダルトサイト攻略

海外アダルトサイトのレビュー。
お金を使ってレビューします。

相互リンク

大歓迎です。
随時募集しております。

↓ ↓ ↓ ↓ ↓ ↓ ↓ 姉妹サイトです↓ ↓ ↓ ↓ ↓ ↓ ↓

↓ ↓ ↓ ↓ ↓ ↓ ↓ スポンサーサイトです1↓ ↓ ↓ ↓ ↓ ↓ ↓
DMM.com DVD通販、レンタルなどの総合サイト

男の性病治療