男性のための女性ホルモン 性病治療

« 2937 超高級 刺青シーメール娼婦 F美さん 秋晴れの気持ちの良い日です。空気が乾燥しておりますがすっきりしております。いつものお二人さんが囲われ | ニューハーフ,獣姦〜トップへ戻る | 2939 超高級 刺青シーメール娼婦 F美さん アナルまんこにペニスの亀頭があたりまして挿入されます時の感じが何とも言えない快感を感じて仕舞います »

2938 超高級 刺青シーメール娼婦 F美さん 早いもので今年も後3ヶ月で新しい年を迎えます。今はまだ残暑が暑い日もありますが後一月も致しますとH山

F美さんが読めないといけないのでレスは上に書いています。
↓ ↓ ↓ ↓ ↓ ↓ ↓ ↓ ↓ ↓ ↓ ↓ ↓ ↓ 

まあ、奥さんされてていいではないですか。


↓ ↓ ↓ ↓ ↓ 以下、本文です ↓ ↓ ↓ ↓ ↓ 
2014/09/29 早いもので今年も後3ヶ月で新しい年を迎えます。今はまだ残暑が暑い日もありますが後一月も致しますとH山

間久津先生

日陰におりますとひんやりとしました感じが致します。

金木星の香りがマンション周辺のお屋敷街から漂って来ます。

昨日はお二人さんが意外に早めにお帰りになりました。

マンションに帰りましてシャワーを浴びまして着替えますとまだ5時くらいでした。

あにいがテレビを付けまして大相撲を見ております。

イチノジョウと遠藤の取組を丁度やっておりました。


『夕飯、何を食べます。何にも無いので買い物に行って来ます。一緒に行きはりますかぁ。』


とあにいに声を掛けましたがあにいは


『何や重たいものでも買うのんか。そやなかったらわしは家におるわぁ。』


と言われましたので


『お造りと何か買うて来ますものは大丈夫ですかぁ。』


『お前に任せるわぁ。』



あにいはそう言われながら煙草を吹かしながら相撲を見られておりました。

カートを引きながら坂道を下りますと隣り合わせにお住まいの奥さんと旦那さんに坂道の途中で会いましたので頭を下げまして挨拶しました。

品のありますご夫婦でご主人はロマンスグレーの髪でお二人とも50半ばの感じです。

スーパーは日曜日の夕方でしたので混んでいました。

魚売り場のお兄さんにいつもの様に


『見繕って量は少な目で3〜4千でお願いね。』


と言いますとお兄さんはニッコリ笑いながら


『毎度、おおきに。任してください。』


鮮魚コーナーのお兄さんは私を覚えていた見たいで言われました。

私は


『ほかを見て来るから用意してくださいね。』


とお願いしましてトイレットペーパーや洗剤など日用品を買い物のかごに入れました。

2階が衣類のコーナーですのでストッキングを買おうと思いましてエスカレーターで2階に上がりました。

私の悪い癖で下着の衝動買いをして仕舞いますので今日はストッキングだけと自分に言い聞かせております。

普段履きますストッキングですから5足セットのものを籠に入れました。

スーパーで買い物を済ましてお花屋さんの前を通りますともうシュクラメンの花が出ておりました。

赤、ピンク、紫、白と綺麗に咲いております。

シュクラメンの花を5株つづ買いましたのでカートにうまくビニール袋に入れて頂きました。

お刺身はカバーがついているので潰れますことはありません。

マンションへの坂道をカートを引きながら歩きました。

のんびりしておりました訳ではありませんでしたがマンションに帰りまして時計を見ましたら7時を回っておりました。

あにいは相変わらず男娘のDVDを飽きずに見ております。

お造りは盛り付けますだけですし、タコの酢の物もお鉢に盛り付けました。

千切り大根の煮付けはレンジで温めました。


『やっと飯かいなぁ。ビールのコップ出してくれやぁ。』


私は急いで冷蔵庫に冷やしてありますビールグラスを出しましてあにいに注ぎました。

テレビではダッシュ島の3時間番組をしておりました。

あにいはビールを飲まれました後は焼酎の水割りを飲まれました。


『風呂はわしは入ったし、お前はまだやろぉ。片付け終わったらはよこいやぁ。』


と言われました。

あにいとは先週の水曜日以来抱かれておりませんので半分早くベッドにこいと言うことなんだなと思いました。

あにいに言われましたので洗い物をしてお風呂に入りました。

昨日はお二人さんのお客様をお相手しました割りに対して疲れもありませんでした。

お風呂から上がりまして化粧水を顔に叩き込みまして寝室に行きました。

あにいはいきなり豹かアフリカのチイターの様にベッドから起き上がりまして私に襲い掛かられました。

私の着ておりましたバジャマを剥ぎ取ります様に脱がされましてあっという間に丸裸です。

あにいもいつ脱がれましたのか素っ裸になっていました。

ペニスだけが異常な感じで勃起しております。

あにいは私に舐めろと言わんばかりに私の目の前にペニスを突き出されます。

私も判っておりますので亀頭を舌先で舐め回します。あにいは私の乳首を愛撫されます。

何とも言えない、快感が躰を駆け巡ります。

あにいも私もお互いに10年近く寄り添っておりますので啼き処は熟知しております。

知らず知らずのうちに私もあにいも69の体位になっていました。

あにいも私のクリペニを舐め回されまして気が遠くなりそうです。

しばらくしますとあにいのアナルまんこ舐めに私は喘ぎ声をあげて啼いております。

あにいが


『お前にこんなことしてくれる者おれへんやろぉ。』


と言われましたが今思えば、こうしてあにいから離れられなくするのが手だったような気がいたします。

しかし、このような快感を一度味わって仕舞いますとどうにもならないのが今の私です。

すっかりあにいに飼い慣らされて仕舞いました。






この記事を「面白い!」と思われた方は、ポチっとお願いします。
↓ ↓ ↓ ↓ 人気ブログランキング ↓ ↓ ↓ ↓
あなたは18歳以上ですか?
はい / いいえ

サイトマップ : カテゴリー別

ど変態なお話

このサイトのメインです。
強制性転換・獣姦・秘密クラブ・人身売買
 そんなお話です

ど変態AVレビュー

マニアックなAVレビュー
スキモノ必見!!

アダルトサイト攻略

海外アダルトサイトのレビュー。
お金を使ってレビューします。

相互リンク

大歓迎です。
随時募集しております。

↓ ↓ ↓ ↓ ↓ ↓ ↓ 姉妹サイトです↓ ↓ ↓ ↓ ↓ ↓ ↓

↓ ↓ ↓ ↓ ↓ ↓ ↓ スポンサーサイトです1↓ ↓ ↓ ↓ ↓ ↓ ↓
DMM.com DVD通販、レンタルなどの総合サイト

男の性病治療