男性のための女性ホルモン 性病治療

« 2497 超高級 刺青シーメール娼婦 F美さん 先日も書き込みいたしましたが、ホルモンを打つようになりまして顔の相がやはり変わったと思います。髪の毛 | ニューハーフ,獣姦〜トップへ戻る | 親友が美少女になって帰ってきた。 »

2498 売春を強要されている性転換妻 J子さん 人妻でありながら、売春させられてます

ところで、このサイト、間久津 明のど変態ワールド ニューハーフ 獣姦 は、


陳 芳蘭さんの掲示板である「女装マゾ娼婦の館」の過去ログを紹介する

という趣旨で始めさせていただきました。

幸いなことに、リアルタイムでご体験いただいている方々からのご投稿をたくさんいただくことができましたので、そういったご投稿を優先して紹介させていただいた結果、陳さんの掲示板の過去ログの貴重なる文章が埋もれてしまっておりました。

今日は、私が貴重だと思われる、この方のご投稿を紹介させていただきましょう。

以下↓

J子(2000年1月6日(木)19時33分16秒)

 こんにちは、『○×▽』ってご存じですか?

 わたしは『○×▽』で主人の手配によって性転換しました。

そして女になって主人といっしょに住み、晴れて人妻になりました。

人妻でありながら、売春させられてます。

何故って? 

主人の命令なんです。

性転換して人の妻になっているというのは、ある種の男性をぞくぞくとさせてしまうらしく、わたしは体を休める暇もありません。

 さて、『○×▽』ですね。

FI(地名)の駅から、車で一時間半ほどの山脈の盆地にあります。

交通の不便な山あいの小さな町で、本来は療養所なのですが、別棟で元男の美女を造り出しているんですね。

顔の整形、豊胸、女性器の形成、脱毛から喉仏の除去、さらには声帯に微妙な処置を施して声を女性のようにすることもできるようです。

シーメールも造り出されていると聞きました。

目を瞠るほどの美人顔でゴージャスな肢体、加えて強い勃起力を持つペニスを有したシーメールが製造されているらしいのです。

肛門の外観を女性器そっくりに形成するというような悪魔的な手術も行われていると小耳にはさみました。

きっと、見た目は両性具有なのでしょうね。

わたしは、そんなひどい改造はされていません。

大きめの乳房と本物と変わらない女性器を造っていただきました。

それに主人の好みで恥毛を脱毛してもらっています。

それにしても、あんなに立派な外科設備のある病棟でひそかに美女やらシーメールやらを造っているなんて採算が合うわけがありません。

きっと、どこかの大金持ちが趣味で経営しているのじゃないかと思うんです。


遅れましたが、自己紹介させていただきます。

J子と申します。

本名はもちろん男性の名前ですが、『○×▽』を出て以来、「J子」になりました。

二十八才です。

女になって五年めです。

人妻ですが、戸籍は男なので正式には結婚していません。

内縁の妻ということになります。

主人は大阪のミナミで風俗店やパチンコ店を経営している人で、五十二才です。

奥さんはすでに亡く、子供たちは独立しています。

お金持ちなので何でも買ってくれます。

わたしが売春しているのは、お金のためではなくて、主人の嗜好のせいです。

身を売って男たちの性欲の処理に具される哀れな娼婦、それも、かつては男であったのに、胸をふくらませ膣を造って男に弄ばれる惨めな淫売、そんな存在が主人をいたく刺激するようで、年齢のわりには精力的にわたしを愛してくださいます。

わたしとしては売春のお仕事は嫌なんですけれど、主人が愛してくれるからには我慢しなければいけません。

……本音を言うと、ちょっぴり倒錯的な悦びがあるんですよ、大きな声では言えませんけれど……。

 わたしは売春のお仕事に出かける前には必ず美容院に行きます。

主人にそうするように言われているんです。

髪を美しく結い上げて見知らぬ男に抱かれに行く……、主人はそんなわたしの姿に興奮すると言います。

わたしは色が白いので、アップに結い上げてもらうと、うなじが色っぽいとお客さまが褒めてくださいます。

元は男性だと承知していらっしゃるのに、女として褒めていただくと、やはり嬉しいものですね。

美容院に行くのは大好きなんですよ。

美容院の中に漂っている、あの独特の匂いが好きです。

長く伸ばした黒髪を結ってもらっていると、ほんとうに女になったんだ、っていう実感が湧いてきて幸せをしみじみと感じます。

実は、わたし、喉仏を削っていません。

声は男とはわからない声質なので、主人が、完全に女にしてしまうのは面白くないから、と言って、どこかに男の証拠を残しておくために喉仏には手を加えてもらえませんでした。

だから、美容院の人たちも、わたしが男であるとわかっているに違いないんです。

髪の質で女ではないとわかるらしいのですが、立派な喉仏を見て確信したことでしょう。

毎日のように結髪に来る上客なので、奥さま、奥さま、と腰を低くして対応してくれますが、陰ではきっとおかまだとか何とか言われているんでしょうね。

 お仕事に行くときの服装は、よほど特別なときにはお着物にしますけれど、いつもは上品な奥さまがお呼ばれにお出かけ、という感じの装いにしますね。

あんまり、玄人さんっぽい格好はしません。だって、わたし、人妻なんですから、でも、メイクはちょっと濃いめ。

 さてと、見ず知らずのお客さまに抱いていただくお仕事のお話は次回にしますね。

ちなみに、わたしは演歌歌手の「藤○子」に似ているってみなさまによく言われます。


......

......

J子さんというのは、もちろん仮名です。

『○×▽』というのも、伏字。

場所も伏字。

大阪ミナミは、まあ、広い地域ですのでそのまま掲載しております。

この文章だけだと、本当? な感じですが、次々投稿されるJ子さんの文章を読みますと、思わず、引き込まれてしまいました。

......もっと紹介したく思いましたが、力尽きました。

次週をお楽しみに。


この記事を「面白い!」と思われた方は、ポチっとお願いします。
↓ ↓ ↓ ↓ 人気ブログランキング ↓ ↓ ↓ ↓
あなたは18歳以上ですか?
はい / いいえ

サイトマップ : カテゴリー別

ど変態なお話

このサイトのメインです。
強制性転換・獣姦・秘密クラブ・人身売買
 そんなお話です

ど変態AVレビュー

マニアックなAVレビュー
スキモノ必見!!

アダルトサイト攻略

海外アダルトサイトのレビュー。
お金を使ってレビューします。

相互リンク

大歓迎です。
随時募集しております。

↓ ↓ ↓ ↓ ↓ ↓ ↓ 姉妹サイトです↓ ↓ ↓ ↓ ↓ ↓ ↓

↓ ↓ ↓ ↓ ↓ ↓ ↓ スポンサーサイトです1↓ ↓ ↓ ↓ ↓ ↓ ↓
DMM.com DVD通販、レンタルなどの総合サイト

男の性病治療