男性のための女性ホルモン 性病治療

« 2403 超高級 刺青シーメール娼婦 F美さん 寒くなりますと着ております衣類も変わります。ブラジャーとショーツは基本的に付けておりますがデール数の | ニューハーフ,獣姦〜トップへ戻る | 2405 超高級 刺青シーメール娼婦 F美さん 今更このようなことを申し上げますのもおかしな話ですが、私がこのような世界に引きずり込まれましたのは… »

2404 超高級 刺青シーメール娼婦 F美さん 女性化する為の特訓。B子先生のお家に来ましてからそれは始まりました。私は女装をして生活をしようとは…

F美さんが読めないといけないのでレスは上に書いています。
↓ ↓ ↓ ↓ ↓ ↓ ↓ ↓ ↓ ↓ ↓ ↓ ↓ ↓ 

まあ、いいこともあるでしょ?今の状況であっても。

↓ ↓ ↓ ↓ ↓ 以下、本文です ↓ ↓ ↓ ↓ ↓ 

2012/11/28 女性化する為の特訓。B子先生のお家に来ましてからそれは始まりました。私は女装をして生活をしようとは…

間久津先生

北の方は大雪に見舞われているみたいですね。

昨日お客様をお迎えにH海(地名)に行きましたが、冷たい風が吹いておりました。

流石にこの寒さではと思いまして社長に買って頂きましたミンクのコートを羽織りました。

ダウンコートにしようかなと思いましたが、ミンクのコートを着るような機会も少ないのでいいかと思いまして着ることにしました。

お寿司屋さんに着きましてお店に入りますと、お客様方が私の姿をご覧になりますのがよく判ります。

私はお客様の横に行きまして店員さんにコートを預けました。

やはり、社長の言われますように物が良いと周りの目が違うと言われましたがこのことを言われたのだなぁと思いました。

コートの下はピンクのアンサンブルで下は寒さ対策でホワイトのボディブリファ、スカートはクリーム色で黒のブーツを履いております。

バックはヴィトンのバックを持って出ました。

お化粧は控えめにと普段から心がけておりますが(笑)。

付け睫毛を付けますとどうしても派手目になってしまいます。

お寿司の握りを3つほど頂きましてタクシーでお客様とマンションに帰って来ました。

床暖房と暖房を付けました出て来ましたのでお部屋の中は暖かでした。

お風呂に入って頂きましてという前にお客様の大半が扉を開けるなり私を抱き寄せられましてキスの嵐です。

リビングに掛けられましても盛りの憑いた犬猫のように纏わりつかれます。

私が


『何かお飲み物召し上がりますか。』


と言いますとようやく飲み物を言われまして落ち着かれます。

それからお風呂に入って頂きましてプレー開始です。

平日はお店かマンションの繰り返しです。

このような生活はH海(地名)のマンションを出て山手の小綺麗なマンションに移りましてから続いております。

このM川の高級マンションに移り住みまして丸2年になります。

B子先生によります女性化の特訓は○■(地名)のお家に着くなり始まりました。

躰は、コルセットを巻かれましてそれにカロリーコントロールによります体型管理です。

くだらなさすぎのお話ですが男性時代はトイレの場合オシッコをする場合、立ちションで前を拭くようなことはありませんでしたが○■(地名)のお家に来ましてその日の午後からお風呂に入った後から女性の下着に衣服を着せられました。

ですから、その日を境にお手洗いは座って用をたしております。

B子先生のお家に来ました日を境に男性の物は処分されてしまいました。

用意されておりましたのは、T先生が連絡をされていらっしゃいましたので私のサイズにピッタリの洋服類と下着です。

もっと驚きましたのは、B子先生のお部屋の隣りが私のお部屋と言われまして全てお化粧品や数種類のウィグ、色とりどりの下着類が整理タンスの中に用意されておりました。

お化粧に関しましては女装するようになりましてエリザベスでも訓練しておりましたので一通り出来ましたが、どうしても派手目なお化粧になってしまいます。

ある程度、お手伝いさん達にも教えて頂きました。

次にB子先生に言われましたのは言葉使いです。

B子先生は私は綺麗な標準語使うので極端なおねえ言葉を使わなくて良いと言われました。


『自然に慣れて女性らしい言葉使いになるわ。』


B子先生の言われました通りになっております。

髪の毛が伸びまして美容院に連れて行って頂きましたが私は出来るだけパーマを掛けましてカラーで巻いたりしないようにしております。

ただ、見出し並みですので出来るだけチェックをいたしまして気をつけるようにしております。

そんなこんなでB子先生とお手伝いさんお二人に徹底的に教育されました。

6月の暑い時期になりますと衣服が夏モードになりますのでお手伝いさんお二人で衣類の入れ替えをされました。

私はB子先生の言われます通りにしておりました。

自分でも体型が変わって行くのが判ります。

何時になったら、帰らせてもらえますのか不安になりましたが、半分夢のような生活世界に自分がどっぷりと浸かってしまいまして、この儘でいたいと思っておりますのも半分で複雑な心境でした。

それと毎夜、繰り返されますB子先生の何とも言えません性の優雅なプレーが私を泥沼の底深く引きずり込まれてしまいました。

6月下旬には、どこを見ましても元の私の姿は見当たりません。

自分でも鏡を見ますと


『えぇ、これが私の姿…。』


と驚くほどです。

自分が驚くほどですので写真を送りつけられました家内や、私の母はもっと驚いたことと思います。

B子先生に言われまして去勢手術をされますことは、半分はもう、どうにでもしてくれと言う開き直りが半分、今以上に女性に近づきたいという願望が半分でした。

しかし、この背中の彫り物を彫られますまで私はまだ男に戻るなんて思っておりました。

今思えば△▼△(地名)に来ました時点で男の世界から切り離されてしまったと思わなければならなかったのだと今頃気ずいております。



この記事を「面白い!」と思われた方は、ポチっとお願いします。
↓ ↓ ↓ ↓ 人気ブログランキング ↓ ↓ ↓ ↓
あなたは18歳以上ですか?
はい / いいえ

サイトマップ : カテゴリー別

ど変態なお話

このサイトのメインです。
強制性転換・獣姦・秘密クラブ・人身売買
 そんなお話です

ど変態AVレビュー

マニアックなAVレビュー
スキモノ必見!!

アダルトサイト攻略

海外アダルトサイトのレビュー。
お金を使ってレビューします。

相互リンク

大歓迎です。
随時募集しております。

↓ ↓ ↓ ↓ ↓ ↓ ↓ 姉妹サイトです↓ ↓ ↓ ↓ ↓ ↓ ↓

↓ ↓ ↓ ↓ ↓ ↓ ↓ スポンサーサイトです1↓ ↓ ↓ ↓ ↓ ↓ ↓
DMM.com DVD通販、レンタルなどの総合サイト

男の性病治療