男性のための女性ホルモン 性病治療

« 2092 超高級 刺青シーメール娼婦 F美さん B子先生のおかげで母のお見舞いが出来ました上に私の置かれております環境も両親に先生が説明して頂きました | ニューハーフ,獣姦〜トップへ戻る | 2094 超高級 刺青シーメール娼婦 F美さん 躰が女性化が進みますと性欲は一気に減退いたします。この現象は男性としての性欲で女性としては当たり前… »

2093 超高級 刺青シーメール娼婦 F美さん I島(地名)の別荘は心の洗濯でした。B子先生と母の病院をお見舞いして頂きましてある程度、自分の心の中で…

F美さんが読めないといけないのでレスは上に書いています。
↓ ↓ ↓ ↓ ↓ ↓ ↓ ↓ ↓ ↓ ↓ ↓ ↓ ↓ 

温泉で骨休め、いいですね。

ご自分の作品のシリコンペニスを試すB子先生でした。

↓ ↓ ↓ ↓ ↓ 以下、本文です ↓ ↓ ↓ ↓ ↓ 

2012/01/30 I島(地名)の別荘は心の洗濯でした。B子先生と母の病院をお見舞いして頂きましてある程度、自分の心の中で…

間久津先生

結局、昨日の夜9時過ぎに△▼△(地名)に戻って来ました。今日はお休みですのでお昼過ぎまで寝ておりました。

土曜日にB子先生と一緒に母の病院にお見舞いに行きましたが、父も母もある程度私のことは理解しておりましたようですが、B子先生が一緒に行っていだきましてゆっくりとお話してもらいましたのである程度私も両親も理解をしてくれたと勝手に判断しております。

特に母はB子先生に車椅子で何度も頭を下げまして、よろしくお願いしますと言っておりました。

父は以前からそうでしたが、ほぼあきらめの様子で外ばかり見ておりました。

確かに自分の子どもがこのような姿になってしまいましたのを正視出来ませんのも理解出来ないのもわかります。

エレベーターホールまで父が母の車椅子を押しまして送ってくれました姿が目に焼き付いております。

病院からタクシーでNG(地名)の駅に出ました。

その駅からある駅にいきまして、そこで乗り換えましてI島(地名)湯本まで行きました。

接続も良かったので意外に早くB子先生の別荘、I島(地名)温泉に着きました。

フロントで鍵を頂きましてお部屋に行きました。

カーテンを開きますとI島(地名)の山が目先に飛び込んで来ました。

I島(地名)も先週の雪が積もっておりまして外は寒そうな感じです。

このコンドミニアムは病院の保養施設の一部で全国に数十ヶ所あるそうです。

普通の旅館のスペースに居間とキッチンが付いております。

浴衣が用意されておりますので着がえようかと思いましたが、部屋着にいたしまして、浴衣は寝る時にいたしました。

B子先生は


『ほんまは、すぐにお風呂に入りたいんやけど、お前が中途半端やからねぇ。前隠しておったら判れへんけどねぇ。(笑)』


私が


『B子先生、私は大丈夫です。お部屋のお風呂に入りますので、…行ってらしてください。』


『今の時間やったら混んでいるやろぅけど夜やったら大丈夫や。私と一緒に入ったら前にタオルで隠しておったら判れへんけどね。そないしょかぁ。』


B子先生にそう言われましたので従いました。

B子先生は着がえられましてお風呂に行かれました。

私は、何かもやもやしておりました霧が消えましてホッとしました気持ちです。

母の病院に見舞いに参りましてB子先生が両親にお話しをしてくださいましたことに感謝しております。

大きな顔をして両親に会えると言いますと大袈裟ですが今まで胸につかえておりましたものがスッとしました気持ちです。

夕食はB子先生とレストランで頂きました。

先生がロゼのワインを注がれまして乾杯いたしました。

土曜日でしたがレストランはちらほらとお客様がいる程度でした。

私はワインを一杯飲んでしまいますともう顔も真っ赤です。


『こんな寒い時期に旅行する人は少ないわね。F美、9時半過ぎにお風呂に行くよ。乳白色の温泉と普通のお風呂の2つがあるの。
前はタオル持って入ったら判れへんよ。』



B子先生はいたずっぽい目で言われました。

それも心配ですが背中の刺青が大丈夫かなぁと思いましたが、このコンドミニアム自体あまり人もおりませんのでB子先生と一緒だったらいいかと思いまして一緒に入りました。

心配は無用でした。

お風呂は私たち2人の貸切風呂のようでした。

乳白色の硫黄泉が浴槽から流れ落ちております。


『F美、お前の肌は白いわね。羨ましいわぁ。後ろの天女も気持ちよく入っている感じよ。』


B子先生が私の躰を眺めながら言われます。

先生が近寄れまして私の乳房を掴まれます。


『こんな大きいお乳にしてもぉて、どのぐらいになるんかしら。』


『先〜生、いゃ〜ぁ。感じちゃう。だぁ〜めぇ。きゃ〜ぁ、先生だぁ〜めぇでぇ〜すぅ。』


人の入って来る気配がいたしましたので私は、腰をかがめて上がり湯を掛けまして上がりました。

脱衣場に中年の女性3人連れが大きい声で入って来ました。


『お前は、あんなおばちゃんたちとは違うと思っているけどね。』


B子先生はニヤリとされました。

夜はやはりB子先生に久しぶりに抱かれました。

このB子先生の香りに魅せられまして戻ることの出来ない世界に引きずり込まれましたと申し上げましても間違いはございません。

B子先生は私の壺を熟知されていらっしゃいますので気が遠くなるような快楽を味わってしまいました。B子先生は私の耳元で


『F美は、男やないけどね。…そのペニスを入れてみて。』


私も最初、まだ勃起をしておりました頃B子先生の中に入りたいと思いましたが、不思議なものでホルモンによりまして女性化が進みますと性に対しまして意識が極端に低下してしまいましてペニスはただの尿を排出する管のようなものです。

B子先生が


『社長に言われて整形したけどね。感覚はどうなの。』


と聞かれましたが正直な話、性欲の欲望が薄れかってしまいました。兄にいが帰って来ましたのでこの続きは明日させて頂きます。




この記事を「面白い!」と思われた方は、ポチっとお願いします。
↓ ↓ ↓ ↓ 人気ブログランキング ↓ ↓ ↓ ↓
あなたは18歳以上ですか?
はい / いいえ

サイトマップ : カテゴリー別

ど変態なお話

このサイトのメインです。
強制性転換・獣姦・秘密クラブ・人身売買
 そんなお話です

ど変態AVレビュー

マニアックなAVレビュー
スキモノ必見!!

アダルトサイト攻略

海外アダルトサイトのレビュー。
お金を使ってレビューします。

相互リンク

大歓迎です。
随時募集しております。

↓ ↓ ↓ ↓ ↓ ↓ ↓ 姉妹サイトです↓ ↓ ↓ ↓ ↓ ↓ ↓

↓ ↓ ↓ ↓ ↓ ↓ ↓ スポンサーサイトです1↓ ↓ ↓ ↓ ↓ ↓ ↓
DMM.com DVD通販、レンタルなどの総合サイト

男の性病治療