男性のための女性ホルモン 性病治療

« 1959 超高級 刺青シーメール娼婦 F美さん B子先生のお家の寝室は私が連れてこられました時と同じでした。あの先生の香水の香りが漂っております | ニューハーフ,獣姦〜トップへ戻る | 1961 超高級 刺青シーメール娼婦 F美さん 爽やかな気持ちの良い秋の空が続いております。今日手術後検診日ですのでB子先生の病院に行って来ました »

1960 超高級 刺青シーメール娼婦 F美さん 久しぶりにB子先生に弄ばれまして陶酔しております私です。あのB子先生のお家に来ました頃を思い出します

F美さんが読めないといけないのでレスは上に書いています。
↓ ↓ ↓ ↓ ↓ ↓ ↓ ↓ ↓ ↓ ↓ ↓ ↓ ↓ 

やっぱり、B子先生はスキモノですね。

趣味と実益を兼ねていて実益の方も上手くいっているようなので、やっぱり、逃れられそうにありませんね。



以下、本文です↓

2011/09/27 久しぶりにB子先生に弄ばれまして陶酔しております私です。あのB子先生のお家に来ました頃を思い出します

間久津先生

このところ、いろんなことが重なり合いまして頭がおかしくなりそうですが…。

久しぶりのB子先生のお家では久しぶりにB子先生に可愛いがって頂きまして、私も甘えてしまいました。

B子先生の優雅なロングのネグリジェ姿に魅せられました。

知らぬ間に素っ裸にされてしまいまして

私はB子先生に


『ここが感じるんやろぉ、ここがぁ。…女の子やのにこんなチンチン付けて…。そやけど、…こないしたら気持ちえぇやあろぉ。どぉおやぁ…。こんな大きいクリトリス付けてぇ。…ふふふ…。』


B子先生は私にお乳を吸ってくれと言わんばかりにネグリジェの前をはだけられまして片手で私の太くなりましたペニス、片手で私の乳首を弄られます。


『あぁ〜あはぁ〜あぁ〜あはぁ〜あぁ〜あはぁ〜あぁ〜あはぁ〜あぁ〜あはぁ〜せぇ〜ん〜せぇ〜ぃだぁ〜めぇ〜。そんなぁ〜とこぉ〜だぁ〜めぇ〜あぁ〜あはぁ〜あぁ〜あはぁ〜せぇ〜ん〜せぇ〜ぃだぁ〜めぇ。』


私は思わず、先生にしがみついてしまいまして自然にB子先生の躰に抱かれてしまいました。

耳元で


『今日は、お前を寝かせへんわよぉ。今年はD川(地名)でかてゆっくりと楽しんでおれへんかったしね。』


私はB子先生のされるがままになっております。

B子先生の手に寄りまして変えられましたペニスを先生のやさしい手で亀頭クリトリスを撫で回されます。

気持ちがいいです。

何とも言えない快さが躰の底から沸き上がって来ます。

B子先生が私を抱き寄せながら乳首を吸われます。


『ここが感じるんやろぉ。ふふふ…。』


『先生、あぁ〜あはぁ〜せぇ〜ん〜せぇ〜ぃだぁ〜めぇ。あぁ〜あはぁ〜せぇ〜ん〜せぇ〜ぃだぁ〜めぇ。』


B子先生は私を抱かれまして交互に乳首を吸われます。

私はすっかり先生のペースに嵌ってしまっております。


『私の作ったドールや…。ふふふ…、あぁ〜あはぁ〜可愛い。』


レズの絡み合いを見せらましたことがありますが、それに似ております。

私がB子先生のお家におりました頃は、まだ去勢手術もされておりませんでしたのでペニスも元気でいきり立っておりました。

B子先生も私のペニスをぎゅ〜と握られまして胞ばられました。

偽勃起ペニスをB子先生に胞ばられますと昔を思い出します。

そんなことの思い浮かべながら先生のお乳に吸いついておりますと


『何や、F美、私を焦らしているんかぁ。…う〜んぅ』


B子先生もネグリジェの下は剛毛の繁みが露に濡れて特有の香りが漂っております。

この何とも言えない快さに時間は過ぎ去って行きます。

B子先生は早く舐めてくれと言わんばかりに私を手をオマンコの方へ導かれます。

私は意を察しまして顔を先生の繁みに移して行きます。

先生とは69の体位になりまして先生の繁みから甘い香りが私を包むと同時にペニスの先端を先生がしゃぶられます。

私は先生の繁み奥深く舌先を這わせます。

すでに先生の花心からは流れ落ちるような愛液で濡れ簿沿っておりました。

先生の花心は勃起しておりまして私が舌先で舐め上げますと気持ちが良いのか


『うーんぅぅぅうーんぅぅうーんぅぅぅぅぅ…』


嗚咽をするように私のペニスをしっかりと喰わえ込まれます。

私の口まわりは先生の愛液でベトベトです。

先生は私の顔を挟み込むようにぎゅ〜と股を絞められます。


『あぁ〜あはぁ〜いぃ〜はぁ〜あぁ〜あぁ〜いぁ〜はぁ〜いぃ〜はぁ〜あぁ〜あぁ〜いぁ〜はぁ〜いぃ〜はぁ〜あぁ〜あぁ〜いぁ〜はぁ〜あぁ〜あはぁ〜あぁ〜あはぁ〜』


『せぇ〜ん〜せぇ〜ぃだぁ〜めぇせぇ〜ん〜せぇ〜ぃだぁ〜めぇせぇ〜ん〜せぇ〜ぃ』


先生と私は口と口を舌を絡み合いながら組んず解れつの様相です。


『F美、お願い。おぉ〜ねぇ〜がぁ〜ぃ。いぃ〜はぁ〜あぁ〜あぁ〜いぁ〜はぁ〜あぁ〜あはぁ〜あぁ〜あはぁ〜。いぃ〜れぇ〜てぇ…ちょ〜だぁ〜いぃ。』


B子先生は理性を失われました様子です。

私はB子先生のお家に置いて頂いて以来B子先生のオマンコにペニスを挿入いたしました。

ずぶずぶと私のペニスがB子先生のオマンコに入って行きます。

お露が私のペニスを溶かす感じでとろけてしまいそうです。

私も女性のオマンコに挿入いたしますのは何年ぶりのことです。

B子先生が私のお尻を抱えるような感じで奥深く嵌め込まれます。

私も軸部分はB子先生の襞に当たりましてジュルジュルと露の音がピストンを繰り返します度にいたします。

私のペニスは勃起しておりますわけではくて柔らかいシリコンで出来ております芯のようなものが鈴口の下から陰茎の付け根部分まで挿入されております。

陰茎部分は亀頭はそのままですが萎縮してしまって縮小してしまっており部分を引き伸ばすような感じで薄い樹脂を亀頭の下から陰茎付け根部分へ何枚かが嵌め込まれております。

最近ようやく慣れて来ましたが、最初の手術前はずっと勃起しっぱなしかと心配をしておりましたが安定しておりますのでホッとしております。

ただ射精することが出来ませんので男でした頃との大きな違いです。

女性と同じようにいつアクメってイクことが出来ましたのかがわからないことが多くあります。

精巣を除去されましてから少しの間は透明な陰汁が出ましたが、女性化が進むに連れましてほとんど出なくなってしまいました。

B子先生はオルガスムスを迎えんばかりです。

私にご自分の肢体をぐりぐり押さえつけられます。私のペニスに芯クリトリスを押さえ付けられていらっしゃいます。


『あぁ〜あはぁ〜あぁ〜あはぁ〜あぁ〜あはぁ〜F美ぃ〜あぁ〜あはぁ〜。』


B子先生はのけぞってオルガスムスを迎えられました。

ベッドには沁みのような先生の愛液がシーツを濡らしております。

私は中途半端な感じでもやもやしておりました。


『…はぁ〜F美、冷たいお水ちょ〜だぁ〜いぃ。あぁ〜あはぁ〜…』


B子先生はよほど我慢されていらっしゃいました様子でした。

私が先生にお水を入れまして差し上げますと美味しそうに一気に飲まれました。


『…今度はお前をイカしてやらんとなぁ。ふふふ…。』


B子先生はお水を飲まれまして一段落されますと、私を見下ろされまして言われました。

先生は布袋に入っております人工ペニスを取り出しております。

先生は下履き履きますように股間に人工ペニスのベルトを付けられました。


『お前も、幸せ者やねぇ。前で味わって後ろでも味わって…。こんな幸せ者おれへんでぇ。F美、わかっているのぉ〜ん。今からお前を昇天さしたるさかいなぁ。』


B子先生は先ほどまでの陶酔仕切った表情とは裏腹にサドの目つきで私を見下ろされていらっしゃいます。

しばらくぶりに金具で出来ております、洗濯バサミで乳首を挟まれました。

T湯温泉のSMハウスでは普通の洗濯バサミですがよく挟まれておりますが、このアルミで出来ておりますハサミはやはり金属ですのでそれなりに痛いです。

今夜はこれで上がります。





この記事を「面白い!」と思われた方は、ポチっとお願いします。
↓ ↓ ↓ ↓ 人気ブログランキング ↓ ↓ ↓ ↓
あなたは18歳以上ですか?
はい / いいえ

サイトマップ : カテゴリー別

ど変態なお話

このサイトのメインです。
強制性転換・獣姦・秘密クラブ・人身売買
 そんなお話です

ど変態AVレビュー

マニアックなAVレビュー
スキモノ必見!!

アダルトサイト攻略

海外アダルトサイトのレビュー。
お金を使ってレビューします。

相互リンク

大歓迎です。
随時募集しております。

↓ ↓ ↓ ↓ ↓ ↓ ↓ 姉妹サイトです↓ ↓ ↓ ↓ ↓ ↓ ↓

↓ ↓ ↓ ↓ ↓ ↓ ↓ スポンサーサイトです1↓ ↓ ↓ ↓ ↓ ↓ ↓
DMM.com DVD通販、レンタルなどの総合サイト

男の性病治療