男性のための女性ホルモン 性病治療

« 1818 超高級 刺青シーメール娼婦 F美さん ヘザーさんの投稿に『女装した自分に恋』と言うのがありました。良くお気持ちがわかります | ニューハーフ,獣姦〜トップへ戻る | 1820 これからニューハーフヘルス嬢になりま〜す!駆け出しニューハーフS子さん登場! »

1819 超高級 刺青シーメール娼婦 F美さん 普段は女性としての生活が板について来ました。だいぶお化粧も商売女のような毛羽さは無くなりまして…

2011/05/12 普段は女性としての生活が板について来ました。だいぶお化粧も商売女のような毛羽さは無くなりまして…。

間久津先生

女装がヘザーさんの言葉を引用させて頂きますと


『女装というヴェールを被ったアヴァンチュールを楽しんでいらっしゃるのです。』


と言うところまでは良かったのですが私の性格からすると、更に先を追い求めてしまいます。

そこに落とし穴があったわけですが、一度、女装の虜になりますとその世界からなかなか足抜け出来ないのが現実です。

ヘザーさんが


《「初めて女性の衣服を身につけて、美しくお化粧した自分の姿を鏡に見て、思わずその場に崩折れるなり、射精してしまった」という文章です。このかたは、女装したご自分に恋をして、ご自身を性愛の対象となさったのでしょうか。ホルモンを投与して、女性に近い胸を得られても、その胸をご自身の性愛の対象と感じていらっしゃる人も多いようです。》


と言われていらっしゃいますがまったくその通りだと思います。

特にその後にヘザーさんが言われていらっしゃいます


《ホルモンによって男性機能は着実に衰えると思いますが、それでも、男と女の微妙なバランス感覚を楽しんでいらっしゃるのでしょうが、私には危険な遊びだと目に映ります。女性化した自分の身体を、男性としての自分が弄ぶという、倒錯の極致ともいうべき性愛の形態なのでしょうか。自慰の対象を自分自身に求め、自己満足するのですね。》


まったくその通りだと再度頷きながら私自身を振り返ります。

やはり、ホルモンを打ち始めましてからとその前では大きく違います。

躰の変化もそうですが感じ方、心の変化も大きいと思います。

ただ、私自身の考え方と感じ方ですが私が何故、このような奴壺に堕ちて行ってしまいましたのか…。

やはりクィーンと言う女装交際誌に投稿いたしましてT先生と言うお医者様とお会いしたと言うところからが発端と思います。

当時、エリザベスに来ております数名の方々はホルモンを打っておりましてふっくらとした膨らみの乳房を私に自慢気に見せてくださいました。

私自身、交際欄の投稿も遊び半分でしたが十数通もの返事がありまして、まんざらでもない感じでした。

私の性格から何でもエスカレートして行く性格です。

結局、後戻り出来ない世界に追い込まれてしまいまして今に至っております。

快楽漬けになってしまいますとどうしてもその方に流れてしまいます。

最初の頃はT先生も


『躰に合わなければ、すぐに止めればいい。大丈夫だよ、心配しなくていいよ。』


と言われましたが1カ月程で躰の変化は現れました。

乳首の周りにしこりが出来まして押されますと痛みが走ります。

痛みが無くなりますと乳首の周りに環礁のようなしこりが出来てきます。

と同時に朝、元気良く勃起しておりましたペニスが勃起はいたしますが元気が無くなりました。

家内との性交も今一つになってしまいます。

家内も子育てに追われておりましたので あまり気にしておりませんでしたが半年を過ぎますとお乳も膨らみが目立っ様になりました。

確かにT先生に乳首や膨らみ始めました乳房を愛撫されますと込み上げるような快感が湧いて来ます。


『あなた、少し最近太られました?』


家内は私がまさか、ホルモン注射や薬を飲んでいることなど知る由もありませんので、話掛けて来ました。

その後、T先生やB子先生の策略だったかどうかはわかりませんが私は会社も辞めて、気分転換の気持ちでB子先生のお家に来ました。

着きましたその日から徹底しました女性化が計られました。

T先生が迎えに来て下さることを信じておりました私は、先生が急逝されてしまいましてB子先生の口車に載せられてしまいました。

それにB子先生のふくよかな肢体に魅せられました私は先生の思う壺でした。

半年の間にB子先生の手によりまして私は見事に変えられて行きました。

私が騙されたと気が付きましたのは去勢手術が終わり傷口が治癒した頃だったと思います。

社長は△▼△(地名)に来ました春先に合っておりましたが、それから度々、兄にいが一緒に来るようになりました。

まさか、兄にいとこうして約丸5年夫婦みたいな生活をさせられるなんて思ってもいませんでした。

T先生からアナルを犯されまして、最初の痛さは飛び上がるようでしたが、段々と会を重ねて行きますうちに自分から両股を開きまして脚を 開脚するようになりました。

いつの頃からか、快感が走り抜けました。それ以来ペニスは退化して行く一途です。

兄にいと一緒に住むようになりまして、兄にいのアナルマンコ舐めは、誰にも言うことの出来ない快感です。


これからお店に行きます。

この続きはまた明日でもメールさせて頂きます。

......

......




F美さんに送信できないのでこのような形でレスします。
↓ ↓ ↓ ↓ ↓ ↓ ↓ ↓ ↓ ↓ ↓ ↓ ↓ ↓ 

老後生活を心配しているのは、みな同じです。

サラリーマンはいつリストラされるかわからないし、年金はあてにできそうにないし、消費税は10パーセント以上になりそうだし......。

それを考えますと、F美さんは、まだ、マシかもしれませんよ。


この記事を「面白い!」と思われた方は、ポチっとお願いします。
↓ ↓ ↓ ↓ 人気ブログランキング ↓ ↓ ↓ ↓
あなたは18歳以上ですか?
はい / いいえ

サイトマップ : カテゴリー別

ど変態なお話

このサイトのメインです。
強制性転換・獣姦・秘密クラブ・人身売買
 そんなお話です

ど変態AVレビュー

マニアックなAVレビュー
スキモノ必見!!

アダルトサイト攻略

海外アダルトサイトのレビュー。
お金を使ってレビューします。

相互リンク

大歓迎です。
随時募集しております。

↓ ↓ ↓ ↓ ↓ ↓ ↓ 姉妹サイトです↓ ↓ ↓ ↓ ↓ ↓ ↓

↓ ↓ ↓ ↓ ↓ ↓ ↓ スポンサーサイトです1↓ ↓ ↓ ↓ ↓ ↓ ↓
DMM.com DVD通販、レンタルなどの総合サイト

男の性病治療