男性のための女性ホルモン 性病治療

« 鯉の滝登りの紋々(もんもん)を背負わされているPalm(パーム)ちゃんと遊ぼう!レディボーイゴールド(ladyboygold.com) | ニューハーフ,獣姦〜トップへ戻る | 1719 超高級 刺青シーメール娼婦 F美さん 去勢されています私と去勢されておりませんR子との絡み合いです »

1718 超高級 刺青シーメール娼婦 F美さん 久しぶりの○森(地名)ホテルでした。兄にいに車で送って戴きました

2011/01/30 久しぶりの○森(地名)ホテルでした。兄にいに車で送って戴きました。お相手は私は初めての方ですが社長の友人

間久津先生

本当にこの冬は寒いですね。

マンションにおりますと寒さはわかりませんが地下のガレージから車に行くまでシ〜ンとしました寒さが伝わって来ます。


『今日のお客さん、偉い金持ちやし、社長もよろしゅう言うてはったでぇ。』


兄にいが言います。

私はホテルも聴いておりませんでしたので


『今日はどこのホテルなのぉ。』


『○森(地名)駅のB.C.Gホテルや、いつもの部屋取ってあるし判るやろぉ。』


お部屋で待っているようにと言うお約束ですので兄にいがチェックインしてくれましてお部屋まで来ました。

ジュニアスィートのお部屋でした。


『えぇ部屋やなぁ。こんなとこでさせてもらえてお前も幸せ者やなぁ。ほな、わし帰るし、明日はお客さん早よ帰りはるし土曜日やし10時過ぎに迎えに来るわぁ。何かあったら連絡くれや。日曜日の撮影のことは社長から聴いておくわ。筋書きはたいして変われへん思うけど、することはいつもと一緒や、判っているやろぉ。』


そう言って帰って行きました。

お客様はお約束の時間にチャイムが鳴りましてお見えになりました。

初老の方で紳士です。

扉を開けますと、おおかたの方がそうですが、私を抱き寄せられまして唇づけされまして舌先を差し入れられまして私の反応を観察されます。

私のワンピースの胸元から手差し入れられましてブラジャーの隙間から乳首を揉まれます。


『いい感度だな。』


私は背をのけぞって喘ぎます。

遊び慣れていらしゃるのが良くわかります。


『君、東京の姑。俺も仕事は東京、家は横浜だ。社長が言っていたとうりだね。』


『お風呂にお入りになります。それとも何かお飲み物でも…』


私はお客様のコートと上着をクロゼットに掛けまして言いますと、


『そうだね。君、夕食はどうする。外をいいけど寒いしなぁ…。』


『そうですね。お風呂にお入りになりましたら湯冷めされましても…。ルームサービスでお召し上がりなられましたら…。…私のことでしたらご心配なくって。…お茶でも入れましょうか?』


『そうと、決まったらお茶何って、野暮なこと言わないで…』



と言われましてグラスを2つお持ちになりまして冷蔵庫からスパークスワインを出されまして注がれました。


『君との出会いの為に乾杯。』


グラスを上げられました。


『君とは、東京で社長と一緒に来た時に合っているね。ずいぶん落ち着いて見違えるようだね。』


『T輪かA布のビルにお伺いいたしました時かしらぁ。』


『そうだよ。君の持ち主の〇〇(社長の名前)が○森(地名)か△▼△(地名)に来る時があったら是非とも見せたいものがあるし試食してくれと言うので、日帰り出張をわざわざ泊まったんだ。』



流石に貿易会社のオーナーです。

関西の方と違いましてガッガッされていらっしゃいません。

たわいもない世間話をしておりました。


『どうぞ、お風呂に入ってください。支度させて頂きます。』


私が言いますと、


『そうだよなぁ。あぁ、丁度7時か。ニュースを見てから入るよ。支度だけしておいてくれ。』


エジプトの暴動とサッカーアジア大会決勝トーナメントのニュースが中心でアナウンスされておりますます。


『楽しみは後の方がと思うけど一緒に風呂に入らんか。』


と言われました。

別に拒むこともないので


『はい。どうぞ、先にお入りになってください。後から入りますので。』


『わかった。待っているよ。』



私は脱がれました、洋服やシャツ下着類をクロゼットにしまいました。

バスルームにご案内して私も急いでワンピースを脱ぎましてシャワーキャプを被りまして浴室に入りました。

お客様は初老ですがやはり男です。ペニスを勃起されまして手招きされます。私はお客様に抱きかかえられながら湯船に浸かりました。

お客様に背を向けますと


『おぉ、これは見事だ、芸術ものだ。たいしたものだ。彫ってもらうのに、何日ぐらいかかった。』


『約1ヵ月ほどです。』


とお答えいたしますと


『そうだろうね。あいつ、半端なことでは終わらないやつだからなぁ。』


私はお客様が社長のことをおっしゃっていらしゃるのが良くわかります。

中途半端では終わらないと言うことが良くわかります。

私の躰をご覧になられましてお客様も驚かれたと思います。

私は湯船の中ですのでお客様が背後から私を抱くような形でしたがペニスが背中に当たりますので


『お背中、流しましょか。』


『そんなことしなくていいよ。お湯流してここだけ気持ち良くしてくれ。』



私は笑ってしまいました。

普通のお客様はお部屋に入るなり私をセックス奴隷のごとく扱われますが、本当に紳士です。

私は湯栓を抜きましてお客様に浴槽に腰掛けて頂きまして跪いてペニスをしゃぶりました。


これから今日は撮影にB子先生のお家に参ります。

続編とB子先生のお家のDVDは後日報告させて頂きます。

......

......


いいお客様でよかったですね。

働き甲斐がありますよね、こういったお客さんにあたりますと。

がんばってくださいね。


この記事を「面白い!」と思われた方は、ポチっとお願いします。
↓ ↓ ↓ ↓ 人気ブログランキング ↓ ↓ ↓ ↓
あなたは18歳以上ですか?
はい / いいえ

サイトマップ : カテゴリー別

ど変態なお話

このサイトのメインです。
強制性転換・獣姦・秘密クラブ・人身売買
 そんなお話です

ど変態AVレビュー

マニアックなAVレビュー
スキモノ必見!!

アダルトサイト攻略

海外アダルトサイトのレビュー。
お金を使ってレビューします。

相互リンク

大歓迎です。
随時募集しております。

↓ ↓ ↓ ↓ ↓ ↓ ↓ 姉妹サイトです↓ ↓ ↓ ↓ ↓ ↓ ↓

↓ ↓ ↓ ↓ ↓ ↓ ↓ スポンサーサイトです1↓ ↓ ↓ ↓ ↓ ↓ ↓
DMM.com DVD通販、レンタルなどの総合サイト

男の性病治療