男性のための女性ホルモン 性病治療

« 1551 超高級シーメール娼婦 F美さん 昨夜は急遽社長のお屋敷に呼び出されまして縄で縛られまして吊り下げられました | ニューハーフ,獣姦〜トップへ戻る | 1553 超高級シーメール娼婦 F美さん  刺青の本を兄にいが見ています。実際にされています写真集のような本です »

1552 超高級シーメール娼婦 F美さん 暑い毎日が続いております。金曜日は急遽社長の要請でお屋敷で縛りをやらされました

2010/08/23 暑い毎日が続いております。金曜日は急遽社長の要請でお屋敷で縛りをやらされました。兄にいの縛りですので

間久津先生

日曜日でしたのでお昼過ぎまで寝てしまいました。

土曜日に○さんがお見えになりまして朝5時少し過ぎにお帰りになりました。

兄にいに連絡しまして帰って来ましたのが6時、兄にいがお風呂に入って横になりましたのが7時ぐらいだったでしょうか。

遮光カーテンをしておりますので夜のような感じですがクーラーを弱冷房にしておりましたのでさすがに室内も27度になっておりました。

この暑さですのでキャミとショーツで寝ておりますが、兄にいも暑いのかパンツ1枚になっています。

時計を見ますと12時少し回ったところです。

御手洗いに私は立ちましてベッドに戻りました。

兄にいが起きます気配もしませんでしたので兄にいに背を向けて横になりました。

目を瞑っておりますとまた寝てしまいました。


『あぁ、暑い。何時ゃ。』


と言いながら兄にいが私のお尻を叩きます。


『1時頃やと思うけど…』


『腹減ったなぁ…。何かあるんかぁ。もぉ、素麺はいらんぞぉ。』


『…カレーは…。』


『そんなもん、すぐに出来るもんちゃうやろぉ。』


『大丈夫、兄にいがシャワーを浴びている間に出来るし、私作るから。』


『そぉかぁ…。それもええなぁ…。』


兄にいはそう言いながら私のキャミの紐を取りながら片手をショーツを引き下げます。


『いゃ〜ぁ〜ん。あぁ、だぁ〜めぇ〜え。』


『お前、何言うているねん。金曜日のお前の乱れ様。わしも何年か一緒におるけど、参ったわなぁ…。』


兄にいが言われました。

実は私、金曜日の縛りの時に失禁してしまいました。

恥ずかしい話ですが意識が飛んでしまいましてオシッコを垂れ流してしまいました。

見られて居ると思いますと感じかたが向上してしまいます。


『腹も減って居るけど、ここも、お前を欲しいと言うているねん。』


兄にいは私の乳首をリングを引きながら弄ばれます。


私のお尻に勃起しましたペニスをグイグイと押されます。


『いやぁ〜ん。だぁ〜めぇ〜え。いやぁ〜ん。あぁ〜はぁ〜あぁ〜あぁ〜はぁ〜ぁ〜はぁ〜はぁ〜いぁ〜あはぁ〜あぁ〜はぁ〜あはぁ〜だぁ〜めぇ〜え。』


兄にいは私が抵抗をしないとわかっておりますので私の躰を回して仰向けにしますと、乳首を揉みながら両脚を開きます。


『お前、えぇ声出して、わし、泣いて居るかいなぁと思っていたらアクメ声挙げて。わしも何人か、ニューハーフやおかまを抱いたことあるけどなぁ。…お前ほど、感じてえぇ声出すのも…稀やなぁ。お客もお前の声で気分出しよるやろぉ。』


兄にいは、両手で私の腰を浮かせながら私のアナルマンコに自分のペニスを合わせましてグッと嵌められました。

兄にいのペニスが私の躰の中に入って行きます。


『あはぁ〜はぁ、もぉ〜あはぁ〜あぁはぁ〜いぁ〜あはぁ〜あぁ〜はぁ〜あはぁ〜だぁ〜めぇ〜えあぁ〜はぁ〜あぁ〜あぁ〜はぁ〜ぁ〜はぁ〜はぁ〜いぁ〜あはぁ〜あぁ〜はぁ〜あはぁ〜だぁ〜めぇ〜えあぁ〜はぁ〜あぁ〜あぁ〜はぁ〜ぁ〜はぁ〜はぁ〜いぁ〜あはぁ〜あぁ〜はぁ〜あはぁ〜。』


兄にいが嵌めながら私のクリペニの亀頭を撫でられます。

もぉ、いや。もぉ、こんなことと思っても結局アナルマンコに嵌められましてピストンされますすと躰がこの快感を覚えてしまっておりますので自分の自制が効きません。

兄にいは、それをよく知っておりまして


『もぉ、やめておこかぁ。…どないするうねん。えぇ〜っ。』


わかっていながら私を焦らします。


『兄〜に〜いっ。もぉ〜あはぁ〜あぁはぁ〜いぁ〜あはぁ〜あぁ〜はぁ〜あはぁ〜だぁ〜めぇ〜えあぁ〜はぁ〜あぁ〜あぁ〜はぁ〜ぁ〜はぁ〜はぁ〜いぁ〜あはぁ〜あぁ〜はぁ〜あはぁ〜だぁ〜めぇ〜えあぁ〜はぁ〜あぁ〜あぁ〜はぁ〜ぁ〜はぁ〜はぁ〜いぁ〜あはぁ〜あぁ〜はぁ〜あはぁ〜。お〜願〜い。』


暑いのも通り越しまして汗だくです。

兄にいがグイグイピストンを繰り返します。

皮膚を打ちます音が響きます。

兄にいの汗が私の躰に流れ落ちます。

私が兄にいのペニスを括約筋でぐぐっと締め付けますと


『おおぉ〜たまらんなぁ…。あぁ〜。』


私の中でイッてしまいました。

私も汗びっしょりでしたのでティッシュでアナルマンコを押さえて浴室に駆け込みました。

兄にいも後から入って来ましたので狭い中2人で入りました。

シャワーで洗い流しますが兄にいの精液の量が多いのに驚きました。

結局お昼はお腹が減って我慢出来ませんでしたのでカップめんを食べました。


......

......


先月の猛暑が嘘のような涼しさですね。

でも私の居る部屋は、パソコンだらけなのでまだまだ暑く、今も、エアコンのスイッチをオンにしております。

F美さん、魅力たっぷり、大もてですね。

きっと今後もお客さんがついてしばらくいい思いができるのでは?



この記事を「面白い!」と思われた方は、ポチっとお願いします。
↓ ↓ ↓ ↓ 人気ブログランキング ↓ ↓ ↓ ↓
あなたは18歳以上ですか?
はい / いいえ

サイトマップ : カテゴリー別

ど変態なお話

このサイトのメインです。
強制性転換・獣姦・秘密クラブ・人身売買
 そんなお話です

ど変態AVレビュー

マニアックなAVレビュー
スキモノ必見!!

アダルトサイト攻略

海外アダルトサイトのレビュー。
お金を使ってレビューします。

相互リンク

大歓迎です。
随時募集しております。

↓ ↓ ↓ ↓ ↓ ↓ ↓ 姉妹サイトです↓ ↓ ↓ ↓ ↓ ↓ ↓

↓ ↓ ↓ ↓ ↓ ↓ ↓ スポンサーサイトです1↓ ↓ ↓ ↓ ↓ ↓ ↓
DMM.com DVD通販、レンタルなどの総合サイト

男の性病治療