男性のための女性ホルモン 性病治療

« 1443 強制女性化現在進行形 ゆきさん 自分でブログを立ち上げました | ニューハーフ,獣姦〜トップへ戻る | 1445 超高級シーメール娼婦 F美さん 花見の宴は大繁盛でした。沢山のお客様がお見えになりましてB子先生も大忙しです。Q子ちゃんやR子も… »

1444 超高級シーメール娼婦 F美さん  桜の宴はみごとな桜の花の下で催されました。いつもの様にお昼間はお庭に模擬店が並びまして年々盛況な…。

2010/04/05 桜の宴はみごとな桜の花の下で催されました。いつもの様にお昼間はお庭に模擬店が並びまして年々盛況な…。

間久津先生

土曜日は打ち合わせを兼ねまして夕方からB子先生のお家に兄にいと行きました。

社長のお屋敷経由で行きました。


『明日はええ天気みたいやし、楽しみやぁ。今年の2次会も楽しみやぁなぁ。えぇF美。』


社長がいやらしい顔されまして私の顔を覗き込むようにして言われました。


私は黙って俯いておりました。


『なんや、ご機嫌悪いねんなぁ。』


私は別にご機嫌が悪い訳でなくて、今までの花見の宴を思い出しておりました。

桜の木に吊るされましてその後、皆さんが見ていらしゃる前で痴態を晒されました。

社長の案ですと、今年は私とQ子ちゃんの他に、R子と黒人のPも入ってのことでした。


『A、お前教えておかへんかったんかいやぁ。この呆けが。』


私は黙っておりました。



B子先生のお家に着きますと、ケータリング業者の方々がテーブルなどの段取りをしていらしゃいました。

B子先生は私に


『久しぶりやし、泊まっていらしゃい。着替えかてあるし、明日かて、また出て来なあかんやろし。兄にい、かまへんやろう。』


結局、私はB子先生のお家に泊まることになりました。

昨年もこんな感じだったなぁと思い出しました。

兄にいは社長を送りながら帰って行きました。

B子先生は


『明日のお前の着物、何にしょうかしら。去年のんはR子に着せて、Q子は黄緑色のを用意してあるけど、お前は今日来てから私が見立ててからやぁ、と思っていたのよ。』


と言われながらクロゼットへ連れて行かれました。


『これがええわ。襦袢はその棚にあるし、わかった。そしたら、私の部屋に来なさい。わかった。』


私は薄い紫の着物を持ちまして自分の部屋に行きました。


『F美、早く来なさい。何しているのんよ。』


B子先生は、久しぶりに大義名分が立ちまして私を虐めようとの魂胆です。

私はわかっておりましたが、焦らす感じでお部屋に行きますと、いきなり私をベッドに押し倒されまして、スカートをめくり上げら、ショーツをハサミで切られ始められます。


『きゃ〜ぁ。やめてぇ〜くださぁ〜い。』


B子先生は蛇が蛙に襲い掛かるように襲われました。

まるで男のような出で立ちです。

私は先生に手を後ろに回されまして手枷をされてしまいました。

穿いておりましたショーツは先生の手で切り刻まれました。

ベッドに転がされまして先生得意の張り型を出されまして次にスカートのゴムの部分を切られますと気が狂われましたのかと思われるぐらいに次はコットンブラウスもハサミを入れられます。

私が


『先生…。』


私は恐さをとうり越しまして震えていますと、切り刻まれましたブラウスの中に手を入れられまして乳房全体をギュッと握り締められます。

手枷をされましておりますのでうまく身動きが出来ません。

B子先生が両手で乳房を抓る様に触られます。

元来マゾの私は久しぶりのB子先生の虐めにゾクゾクと感じてしまいまして


『はぁ〜あはぁ〜あ』


と吐息を吐いてしまいました。


『さあ〜てと。』


B子先生は私をベッドに転がされまして腰に枕をあてがいまして両脚を開かされました。

両手を後ろに回されていますので苦しくて呻き声ともなんとも言えない声が出てしまいました。


『何やだらしない、声出して、今から楽しいことしてやるし。』


B子先生は腰にディルドを付けられまして私のアナルマンコに差し込まれました。


『何やだらしない、チンチン付けて、その役立たず。取ってしもうた方がえぇかも知れないね。』


ディルドにバイブが組み入れておりまして私のアナルマンコの中でバイブが唸り 回っております。

最初は、久しぶりのこともありまして、少し緊張気味でしたが結局、一度快感を味わってしまいますと呻き声から、喘ぎ声に変わってしまいまして、B子先生もいつの間にか私の手枷を外されまして私もB子先生の腰を持ちまして喘ぎながらのけぞっております。

先生の肢体から愛液が流れ落ちております。

B子先生は腰に付けられております、ディルドを外されまして私と69の体位になりました。

私はB子先生の愛液を吸い上げますように花唇を舐め上げました。

B子先生は久しぶりに私に花唇を舐め上げられましたので私のクリペニをギュッと握り締められましてアクメを迎えられました。

久しぶりに二人で抱き合いまして休みました。

お花見の宴はまた明日でも報告させて戴きます。


......

......


ちょっと過激な花見の宴の前夜祭。

次の日も過激に楽しまれるのでしょう。

皆さん、エネルギッシュですね。


この記事を「面白い!」と思われた方は、ポチっとお願いします。
↓ ↓ ↓ ↓ 人気ブログランキング ↓ ↓ ↓ ↓
あなたは18歳以上ですか?
はい / いいえ

サイトマップ : カテゴリー別

ど変態なお話

このサイトのメインです。
強制性転換・獣姦・秘密クラブ・人身売買
 そんなお話です

ど変態AVレビュー

マニアックなAVレビュー
スキモノ必見!!

アダルトサイト攻略

海外アダルトサイトのレビュー。
お金を使ってレビューします。

相互リンク

大歓迎です。
随時募集しております。

↓ ↓ ↓ ↓ ↓ ↓ ↓ 姉妹サイトです↓ ↓ ↓ ↓ ↓ ↓ ↓

↓ ↓ ↓ ↓ ↓ ↓ ↓ スポンサーサイトです1↓ ↓ ↓ ↓ ↓ ↓ ↓
DMM.com DVD通販、レンタルなどの総合サイト

男の性病治療