男性のための女性ホルモン 性病治療

« 935 超高級シーメール娼婦 F美さん 意識朦朧として......ついに......ダウンしてしまいました | ニューハーフ,獣姦〜トップへ戻る | 937 超高級シーメール娼婦 F美さんへのレス よかったです、本当に »

936 超高級シーメール娼婦 F美さん B子先生のお陰で......何とか助かりそうです

2008/07/01 兄にいが言いました。『お前見たいなもんが一番落としやすいや。女装するやつは大方Mが多いねんや。』


間久津先生

雨が上がりまして梅雨の中休みみたいな感じです。

朝、起きまして腰が痛くて起き上がることが出来ませんでした。

十時過ぎに兄にいが心配してB子先生の病院に電話を掛けました。連れて来る様に言われた様で、


『おい。B子先生の病院に行くさかい、着替えやぁ。』



私は軆全体が痛くて


『歩かれへん。』


『わしが背たろたるがなぁ。はよう、着替えてくれ。』


私は腰の痛さを我慢しまして着替えまして兄にいの手に掴まりながらB子先生の病院に行きました。

B子先生は私の顔を見るなり


『どないしたん。』


と言われました。


兄にいが回りを気にしながら


『寝返りしながら腰を曲げたら…』


B子先生は


『レントゲン撮って』


看護婦さんに指示されました。

腰から下を撮られました。

又診察室に移りましてB子先生がレントゲンの写真を見ながら


『骨には異常は無いわ。
腰の辺りの筋肉とそれを支える筋を刺激し過ぎたんちゃうの。
湿布薬と痛め止め出して置くし様子見て、あかんかったらまた来たら。
Aさん、F美大事にして上げてやぁ。』


『わかっていますがなぁ。』



B子先生は察していらっしゃいまして兄にいに言われました。


『Aさん、お店は今週は無理ですよ。』



B子先生は兄にいに言われました。


兄にいはギクッと言う様な顔をされまして私の顔を見ました。


『何やったら、F美、あんたうちに来るかぁ。まぁ、そんな事したら社長に怒らるわなぁ。』


兄にいの車でマンションに帰りましてしばらくしますと社長がお見えになりました。


『A、お前、F美ちゃんと面倒見ることでけへんねんやったら一緒に住むのもやめるか。』


久しぶりに社長は怖い顔しまして言われました。


背中に湿布薬を貼っていますので、少し楽になりましたが、相変わらずズキズキと痛みます。


『A、予約が入っている★★さんと☆☆さんどないするねんなぁ。わしの顔に泥塗る様なよ。』


兄にいは


『段取りさしてもらいます。』


兄にいは


『お前、悪いけどB子先生の家に行っていてくれ。』


兄にいは社長と一緒にリビングの方で話されています。


兄にいと社長が戻って見えまして


『F美、Q子がお前のピンチヒッターで今呼んだし。どこに何があるのか教えてやってくれやぁ。』


社長が言われました。


Q子ちゃんも何が何だかわからない間まな連れて来られまして驚いています。


『F美姉さん、どないしたん。』


私は黙っていました。

そんなことになりまして兄にいに送られましてB子先生のお家にいます。

鈴木 F美


......

......

大変なことになっているようですが......よかったですね、守ってくれる方がいらして。

早速、次のようなレスを送りました。


この記事を「面白い!」と思われた方は、ポチっとお願いします。
↓ ↓ ↓ ↓ 人気ブログランキング ↓ ↓ ↓ ↓
あなたは18歳以上ですか?
はい / いいえ

サイトマップ : カテゴリー別

ど変態なお話

このサイトのメインです。
強制性転換・獣姦・秘密クラブ・人身売買
 そんなお話です

ど変態AVレビュー

マニアックなAVレビュー
スキモノ必見!!

アダルトサイト攻略

海外アダルトサイトのレビュー。
お金を使ってレビューします。

相互リンク

大歓迎です。
随時募集しております。

↓ ↓ ↓ ↓ ↓ ↓ ↓ 姉妹サイトです↓ ↓ ↓ ↓ ↓ ↓ ↓

↓ ↓ ↓ ↓ ↓ ↓ ↓ スポンサーサイトです1↓ ↓ ↓ ↓ ↓ ↓ ↓
DMM.com DVD通販、レンタルなどの総合サイト

男の性病治療