男性のための女性ホルモン 性病治療

« SMだらけ | ニューハーフ,獣姦〜トップへ戻る | 28 ニューハーフ ハードマゾ アナル娼婦 K子さん ご主人様とのナレソメは? »

27 ニューハーフ ハードマゾ アナル娼婦 K子さん サラリーマンから娼婦に転職!

 K子さんからのご返信は速かったです。

 ナンパは大成功。

 饒舌なK子さんがさらに饒舌になってくれました。


 K子(1999年11月22日(月)18時57分26秒)

こんばんは、アナル娼婦のK子です。

間久津さん、お言葉うれしいです。

>K子さんは何時頃から、今のようなハードマゾアナル娼婦になる事
>を志されたのでしょうか?

ええっとですね。たしか会社員になって2年目の春だったと思いますけど、ご主人様と「娼婦調教」の契約をして、週末の夜、街に立ち始めるました。最初のお客は、その頃、新宿の街に多かったイラン人でした。

そうなったきっかけは、その少し前に野外調教の時、知らない男性にまわされて、すごく感じてしまい、「K子は、不特定多数の男とした方がいいみたいだな。娼婦になってみるか?」と言われたことです。

まあ、今にしてみると、それが、ご主人様の調教プランだったのだと思います。

その内、女性用の衣服が娼婦っぽいものだけに制限されるようになり、翌年の春には、週末だけ歌舞伎町のニューハーフヘルスに登録して、お客を付けてもらうようになりました。この頃は、まだ普通のアナルセックスだけでしたし、せいぜい一日に1〜3人程度で、今の仕事からすると「お遊び」に近いものでしたね。

やっぱり変わったのは、会社を辞めなくてはならなくなって、娼婦として身体を売って暮していかなければならなくなってからです。その為には、身体を変える覚悟もしましたし、ハードなプレイも受け入れなければなりませんでした。その後の心境は、以前、お答えした通りです。

ところで、今日みたいな休日は、お客様の予約時間がバラバラです。

今日の口開けのお客様は、奥様を何かの会合に送ってきて、、帰りに奥様を拾うまで3時間余裕があるから、と寄られた方で、なんと13時に見えました(時間外の予約で特別料金です)。

という訳で、ま昼間からマンションのベランダで(あたしの部屋は10F)で手すりに手をついて後ろから入れられて、ひぃひぃよがってました(ちょっと寒かったです)。

その後は、ずっと空き時間で、お散歩がてら、○○○屋(下着屋さん)まで、下着を買いに行き、ナンパしてきた
オジサンにお茶をご馳走になって戻ってきたところです。

この後、19時からゴルフ帰りのお客様、22時から「結婚披露宴に出席した後で寄るよ」というお客様の予約が入っています。

休日のお客様は、なにかにかこつけて時間を作ってくるお客様が多いので、その理由を聞いているとけっこう面白いです。

 
……

 ……

 ……
 お書き込みの後半に、”お客さまが来店する理由”が何気なく書かれておりますが、そのあたりが非常にリアルです。

 まあ、それはともかくとしまして、

 K子さんは、やっぱり、性同一性障害者とは違うようですね。

 お書き込みからしますと、どうみても、

身体は男なんだけど心は女だったので身体を女らしく改造して一番女らしい仕事についた

 というノリではありません。

 快楽。

 単に快楽。

 それもアナルセックスの快楽。

 俗に言う、
A感覚 ってヤツ。

つまり男だったら誰にでもある前立腺を刺激されることによって得られる快楽の味を覚えさせられてしまって、もっともその快楽が得られる仕事についた

 わけです。

 ニューハーフ ハードマゾ アナル娼婦 K子さんの年譜をみてみますと、こう書かれております。

21〜22歳(大学4年)     3月 初めてアナルの刺激だけでイク。
                 7月 女装外出を許可される。
                 10月 野外露出調教開始。

22〜23歳(会社員1年目) 2月 髭の永久脱毛。
                3月 大学卒業。
                4月 入社(某一部上場企業)。
                5月 公園でまわされる(3人)。
                11月 映画館でまわされる(10人)。

23〜24歳(会社員2年目) 3月 娼婦調教開始(週末の夜、街に立ち始める)。
                9月 女性用衣服が娼婦っぽいものだけに制限される。

24〜25歳(会社員3年目) 3月 新宿のニューハーフヘルスに登録(週末のみ)。


 K子さんがこの”A感覚”に目覚めさせられたのが、21歳の3月で、公園でまわされたのがその1年2ヶ月後の5月。

 まあ週末だけの通い奴隷だったらしいですが、かなりの時間が掛かっているようです。

ご主人さまの調教プランだったようです』とのクダリからしますと、

 公園にあらかじめニューハーフ好きの客を何人か待機させておき、女装したK子さんを夜の公園に連れ出して女装外出と露出で頭がボーっとしているK子さんを輪姦させた

 
そして

 名も知らぬ男たちに輪姦されて恐怖と屈辱を感じ涙を流しながらも、前立腺を刺激されて快楽の樹液をほとばしらせ悦びの声を上げているK子さんに、『おまえ、スキモンやのう、娼婦になったらええんとちゃうか?』と吹き込んで洗脳した

 そして

 娼婦契約を結ばせた。

 といった感じがします。

 
性同一性障害者でもなんでもない20歳の普通の男性がA感覚に目覚めさせられると、自分から女装してアナルセックスをせがむようになり、男娼にまで身を堕としてしまう

 ってこと。

 前立腺は男だったら誰にでもありますから、

 誰でもアナル娼婦に堕ちてしまう可能性がある

 ってことです。


 ……

 ……

 ……

 
恐怖

 あなたも感じるでしょう?

 
女が女衒(※)のヤクザに騙されて娼館に売り飛ばされ淫売にされる

 なんて話はよくある話ですが、男の私にとっては他人事でしかありませんでした。

 しかし、

 
男だって危ない

 となれば、もはや他人事ではありません。

 しかも、
男でありながら女に交じって身を売らねばならぬとすれば、その屈辱たるや……。

 いや、本当に、恐怖を感じますね。

 では、次に興味あるのは、

 そのようなご主人様と、どこで知り合ったか?

 でしょう。

(※女衒:江戸時代に、女を遊女に売ることを業とした人(広辞苑第五版より引用)

次のページへ
この記事を「面白い!」と思われた方は、ポチっとお願いします。
↓ ↓ ↓ ↓ 人気ブログランキング ↓ ↓ ↓ ↓
あなたは18歳以上ですか?
はい / いいえ

サイトマップ : カテゴリー別

ど変態なお話

このサイトのメインです。
強制性転換・獣姦・秘密クラブ・人身売買
 そんなお話です

ど変態AVレビュー

マニアックなAVレビュー
スキモノ必見!!

アダルトサイト攻略

海外アダルトサイトのレビュー。
お金を使ってレビューします。

相互リンク

大歓迎です。
随時募集しております。

↓ ↓ ↓ ↓ ↓ ↓ ↓ 姉妹サイトです↓ ↓ ↓ ↓ ↓ ↓ ↓

↓ ↓ ↓ ↓ ↓ ↓ ↓ スポンサーサイトです1↓ ↓ ↓ ↓ ↓ ↓ ↓
DMM.com DVD通販、レンタルなどの総合サイト

男の性病治療