男性のための女性ホルモン 性病治療

« 性転換美女Minnie(ミニー)ちゃんの第六弾 レディボーイプッシー(ladyboypussy.com) | ニューハーフ,獣姦〜トップへ戻る | 女にしないで! ?子宮の快楽…もう男には戻れない? 第1巻 »

3289 超高級 刺青シーメール娼婦 F美さん こうしてあにいと夫婦の様な生活をしておりますと人から見ますとなんと仲の良い夫婦だと思われることと思います

F美さんが読めないといけないのでレスは上に書いています。
↓ ↓ ↓ ↓ ↓ ↓ ↓ ↓ ↓ ↓ ↓ ↓ ↓ ↓ 

いつも思いますが、A兄いさんは強いですね。

60歳超えて現役調教師とは、凄いパワーです。



↓ ↓ ↓ ↓ ↓ 以下、本文です ↓ ↓ ↓ ↓ ↓
2016/10/19 こうしてあにいと夫婦の様な生活をしておりますと人から見ますとなんと仲の良い夫婦だと思われることと思います。

間久津先生

こうしてあにいと10年余り一緒に暮らしておりますとあにいの癖や何を考えているかは、判ります。

あにいとの交わりはほぼ一日おきぐらいの間隔です。

最初の頃は一日に3回位抱かれて交わりをしておりましたが最近はお互いに歳をかさねましたこともありましてほぼ一日おきぐらいで抱かれております。

あにいとの歳の差は約20歳位の様です。

あにいの躰は力仕事上がり独特の茶褐色です。

最初会いました頃はえらい年寄りと思いましたが先日還暦を迎えたとS代ママが言っていましたので。

顔立ちが老け顔で皺くちゃなので、年寄り臭く見えて仕舞います。

出身地は★☆■(地名)の出身の様子です。

★☆■(地名)弁なまりの関西弁で話されます。

意外に短気なところがありますが以前の様に焼酎をがぶ飲みされますこともなくなりましたので私はホッとしております。

社長のボディーガード兼車の運転手の様な存在です。

以前はその世界の組織に席を置いていた様ですが社長に拾われまして堅気の生活をしております。

ただがさつな処は最初に会いました頃から治ることはありません。

若い頃は土方をしていたそうですので頭の先から足の先まで赤土色です。

それと精力旺盛で勃起力は驚いて仕舞います。

ペニスの太さに驚いて仕舞います。

恥ずかしい話ですがこの太いペニスをアナルまんこに差し込まれますとアナルまんこが裂けてしまうのではと心配してしまいますがアナルまんこも訓練によりまして私の場合受け入れる様になりました。

こうして10年余りこの様な行為を繰り返しておりますとあにいにどうすると喜ぶのかも判ります。

最初の頃はあにいの恐怖感ばかりが先でしたので自分自身に余裕がありませんでした。

約2年余りしましてM川のマンションに棲む様になりまして少し余裕が出て来ました。

そしてその頃に背中に天女の彫り物を背負うことになりました。

私自身、その頃はすでに諦めの境地で最後の駄目押しで刺青を背中に背負うことになりました。

しかし、M川での生活は広々としておりまして今こうしてあにいと一緒に暮らしておりますが安定期に差しかかったと言う感じでした。

それに社長のおかげで着る物には不自由はありませんでした。

お部屋にはウォークインクローゼットがありましてベランダテラスは広々としている生活でした。

ベッドも二人で寝ておりましても十分な広さでした。

ベッドの前には鏡が取り付けられておりました。

確かに社長が友人から頼まれまして借りていらした高級マンションでした。

今のマンションも設備はM川のマンションに引け劣らずですがお部屋は今風です。

ベランダも小さな感じでベランダにパラソルを立てましてブランチをと言う感じではありません。

ベッドだけはあにいも大きい方が良いと言うことで寝室はベッドでいっぱいと言う感じです。

こうしてあにいと一緒に暮らし始めまして約10年余り。

あにいによりまして私は女にされたと申しましても過言ではありません。

女としての快楽を教え込まれましたのもあにいです。

前に書きましたがあにいと絡み合いますとあにいの赤土色の肌に私の肌が白いので目立ちます。

B子先生のお家で一番最初に会いました頃、まさかあにいとこの様なことになるなんて思っても居ませんでした。

最初に会いました時はB子先生のお家で社長と一緒に来ました事は覚えております。

最初の4月のB子先生のお家で開かれました桜パーティーで縛り上げられましたのもあにいでした。

いつの間にかあにいが私のお目付け役の存在になりました。

確かにB子先生のお家に迎えに来られましてH海(地名)のマンションに連れて行かれます途中に


『減るもんでもあらへん。』


と言われましてH山の麓のモーテルへ連れ込まれまして犯されました。

今でも鮮明に覚えております。

そしてH海(地名)のマンションに連れて行かれました。

カビ臭い陽のあたりがない薄暗いマンションに連れて行かれました。

あにいは


『ここがお前とわしが暮らすところや。言うておくけど、変な気お越したら承知せいへんぞぉ。』


私を威嚇する様な感じで言われました。

こうして私は娼婦に仕立てあげられて行きました。

しかしT先生に犯されました時は飛び上がる程の激痛がアナルまんこに走りましたがB子先生のディルドによります訓練でもまだ多少の痛さはありました。

そして、H海(地名)のマンションに来まして次の日から特訓が始まりました。

まさか、この様な世界がありますとは思っても居ませんでした。

この記事を「面白い!」と思われた方は、ポチっとお願いします。
↓ ↓ ↓ ↓ 人気ブログランキング ↓ ↓ ↓ ↓
あなたは18歳以上ですか?
はい / いいえ

サイトマップ : カテゴリー別

ど変態なお話

このサイトのメインです。
強制性転換・獣姦・秘密クラブ・人身売買
 そんなお話です

ど変態AVレビュー

マニアックなAVレビュー
スキモノ必見!!

アダルトサイト攻略

海外アダルトサイトのレビュー。
お金を使ってレビューします。

相互リンク

大歓迎です。
随時募集しております。

↓ ↓ ↓ ↓ ↓ ↓ ↓ 姉妹サイトです↓ ↓ ↓ ↓ ↓ ↓ ↓

↓ ↓ ↓ ↓ ↓ ↓ ↓ スポンサーサイトです1↓ ↓ ↓ ↓ ↓ ↓ ↓
DMM.com DVD通販、レンタルなどの総合サイト

男の性病治療