男性のための女性ホルモン 性病治療

« 2947 超高級 刺青シーメール娼婦 F美さん テレビでは大型台風接近とどのチャンネルを付けましても報じられておりますがこのSMハウスの賑わいは台風な | ニューハーフ,獣姦〜トップへ戻る | 禁断の女体化少年王子! »

2948 超高級 刺青シーメール娼婦 F美さん この10年余りですっかり男性に甘えて仕舞いますことを覚えてしまいました。抱かれて仕舞いますと自然に首に

F美さんが読めないといけないのでレスは上に書いています。
↓ ↓ ↓ ↓ ↓ ↓ ↓ ↓ ↓ ↓ ↓ ↓ ↓ ↓ 

今年の台風のときは大変だったですね。

電車止まったし。

↓ ↓ ↓ ↓ ↓ 以下、本文です ↓ ↓ ↓ ↓ ↓ 
2014/10/16 この10年余りですっかり男性に甘えて仕舞いますことを覚えてしまいました。抱かれて仕舞いますと自然に首に

間久津先生

毎週毎週台風が押し寄せます様に来ます。

連休3日目でかきいれ時ですが大型台風接近と言うことで昨日は朝解散になりました。

お客様も遠方よりおみえになっていらしゃいましたが台風が来ると言うことでお店の方より説明してくださいまして次回に利用出来ます利用券をお渡ししましてお帰りいただきました。

私達も簡単な片付けをいたしましてあにいと一緒にお昼前にマンションに帰りました。

T湯温泉を出ます時はまだ雨足もさほど強くありませんでしたがマンションに帰り着きます頃には本降りの様子でした。

雨の中買い物に行きますのも大変ですのであにいにスーパーによってもらいまして食料を買いました。

マンションに着きます時には雨風が吹き荒れておりました。

地下の駐車場の排水溝も大きな音を立てながら流れております。

台風特有の生ぬるい澱んでおりますカビ臭い臭いが漂っております。

お昼ご飯は巻き寿司に茹で蕎麦にしました。

朝ご飯を食べておりませんのでお化粧を落として洗顔をしております間にお湯を沸かしました。

あにいは冷蔵庫から缶ビールを出しまして飲んでおります。


『おい。何や台風、四国からこっちに向かっているらしいで。だいぶ風も強なって来たぞぉ。』


あにいはリビングの前のテラスを見ながらビールを口に運ばれながら言われました。

私はお茶を入れましてスーパーで買いました巻き寿司をお皿に移しました。

茹で蕎麦はお水で晒しましてお皿に盛りました。

薬味の葱が付いておりまたので垂れつゆを湯飲み茶碗に用意しました。

食べ始めます頃には横殴りの大雨です。

風も強くなって窓に打ち付けております。

あにいは珍しくテレビの台風情報を見ながらビールを飲んで巻き寿司をつまみにされていらしゃいます。


『飯くうたら風呂でも浴びて昼寝するかぁ。わしも眠っとなってしもた。』


あにいはビールを飲んで巻き寿司と蕎麦も召し上がられましたので眠たくなってしまいました様子で欠伸をしながら浴室に行かれました。

私は着替えを用意して脱衣室に置きました。


『おぉ〜い。お前も入ってこいやぁ。この雨やし、誰も来いひいんし、入ってこいやぁ。』


あにいがお風呂から声をかけられます。


『はあ〜い。片付けしてから入ります。』


『そんなん、後でええがなぁ。』


あにいが浴室から声をかけられます。


『ちょっと待っててぇ。片付けしてから入りますぅ。』


あにいは判っておりますのに声をかけられます。

食器を洗いましてすることもないのでお風呂にはいりました。

あにいは


『おい。待っておったんや。こっちこいやぁ。』


あにいは私の手を引かれまして湯船に一緒に入りました。

狭いので私が躰を捩りながら入りますがあにいの躰と抱き合う様な感じで入るしかありません。

あにいの横に滑り込みますがどうしても抱き合う様な形になってしまいます。

結局、私があにいの上に股がりまして入りました。

あにいは待ってましたと言わんばかりに私を抱き抱えましてお尻を撫でながら乳房を撫でられます。


『嫌ぁ〜ん、そんなにぃ〜いしたら感じてしもぉ〜てぇ、嫌ぁ〜あ、だぁん〜めぇ。』


と言いながら私もあにいの首に手を回しております。

あにいは湯船に浸かりまして私の躰を撫で回されます。


『嫌ぁ〜ぁん。そんなことしたら感じてしまぁ〜う、だぁ〜あめぇ。』


あにいは構わず躰を撫で回されまして乳首を愛撫されます。

乳首を愛撫されて仕舞いますともう私自身感じてしまいましてあにいのペースに引き込まれて仕舞います。

シャワーキャップを被っておりましたが激しく動き回りましたので自然にとれてしまいました。

それを期にあにいが私の乳首を吸われました。

私はあにいの上に抱かれております状態ですので逃げ出すことが出来ません。

乳首を吸われますと何とも言えない快感がこみ上げて来ます。

あにいのペニスが私の股間に当たります。


『おい。お前判っておるのに知らん顔はあれへやろぉ。』


私も判っておりましたがあにいに乳首を吸われておりましたので身動きが出来ませんでした。

ようやく躰をお越しましてあにいのペニスを潜望鏡の様にシャブリました。あにいのペニスは元気良くギンギンです。

私自身あにいのことはこの10年間寝起きを共にしておりますのでだいたいのことは理解しておりますがあにいの精力の強さは驚きます。

男でした私をこの様に変えられましたのはホルモンは薬剤ですがアナルまんこの開発開眼はあにいのテクニックです。

あにいの精力的なテクニックと舌技は男でした私をメロメロにされて仕舞われます。

結局、お風呂から上がりましてからあにいのペースで抱かれました。


この記事を「面白い!」と思われた方は、ポチっとお願いします。
↓ ↓ ↓ ↓ 人気ブログランキング ↓ ↓ ↓ ↓
あなたは18歳以上ですか?
はい / いいえ

サイトマップ : カテゴリー別

ど変態なお話

このサイトのメインです。
強制性転換・獣姦・秘密クラブ・人身売買
 そんなお話です

ど変態AVレビュー

マニアックなAVレビュー
スキモノ必見!!

アダルトサイト攻略

海外アダルトサイトのレビュー。
お金を使ってレビューします。

相互リンク

大歓迎です。
随時募集しております。

↓ ↓ ↓ ↓ ↓ ↓ ↓ 姉妹サイトです↓ ↓ ↓ ↓ ↓ ↓ ↓

↓ ↓ ↓ ↓ ↓ ↓ ↓ スポンサーサイトです1↓ ↓ ↓ ↓ ↓ ↓ ↓
DMM.com DVD通販、レンタルなどの総合サイト

男の性病治療